9mm Parabellum Bullet、次作アルバムより自主レーベルでのプロジェクト始動「これまでよりもさらに濃く深く」

twitterツイート

9mm Parabellum Bulletが、次作リリースの6thアルバムより、自主レーベル「Sazanga Records」(サザンガレコーズ)を軸とするリリースプロジェクトを始動させることを発表した。

自主レーベル「Sazanga Records」とは、9mm Parabellum Bulletがより幅広く音楽活動を行うべく、2014年5月に発足。Sazanga(サザンガ)”という名称は、「3×3=“9”」(サザンガ“キュー”)から付けられ、バンド名と同じくかみじょうちひろ(Dr)が命名した。今後は、9mm Parabellum Bulletに賛同、共感するアーティストやレコード会社らと音楽活動を行っていくという。「Sazanga Records」からは2014年、滝 善充(G)がギターを務めるバンド jamming O.P.の1stアルバムがリリースされており、今後レーベルでは、THE BOY MEETS GIRLS、福井 樹のリリースの他、新人アーティストの発掘も行っていく予定だ。

今回のプロジェクト始動にともない、オフィシャルサイトには、菅原卓郎(Vo&G)のコメントが掲載されている。

  ◆  ◆  ◆

9mm Parabellum Bulletは今後Sazanga Recordsで活動していきます。

結成12年目を迎えて、バンドがどうありたいかを考えた時に、活動の軸を自主レーベルにするというのは、とても自然な選択でした。

作る側にとっても、受け取る側にとっても、音楽を取り巻く環境は絶えず変化し続けています。Sazanga Recordsは、そのめまぐるしいスピードに、自分たちを見失わずにいるための場所です。

12年の間に出会ったファンの皆様、サポートしてくれる仲間たちと共に、これまでよりもさらに濃く深く、そして自由に音楽を響かせたいと思っています。

そうして春にリリースされる6枚目のアルバムのレコーディングは、最終段階に入っています。新しい風が吹いていますよ。楽しみに待っていてください。

9mm Parabellum Bullet、これからも応援よろしくお願いします。

  ◆  ◆  ◆

なお、オフィシャルSNSから伝えられる現在制作中の6thアルバムは、春にリリースが予定されている。
 
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス