【インタビュー】ベイ・シティ・ローラーズ「日本のファンとは深いつながりで結ばれている」

ツイート

1970年代を代表するポップバンド、ベイ・シティ・ローラーズがオリジナルメンバーを引っ提げて日本に再び帰ってくる。2015年に再結成を果たした彼らは、本国イギリスでのツアーを満員御礼の成功に終えたばかりだ。参加するのは、伝説のフロントマンのレスリー・マッコーエンと、オリジナルメンバーのアラン・ロングミュアーである。

◆ベイ・シティ・ローラーズ画像

スコットランドで結成され、タータンチェックに身を包み世界中で大ブームを巻き起こし、レコードの売り上げ総数は1億枚以上という記録を持つ彼らだが、日本や日本のファンとの間には長年かけて築き上げた特別な関係があるようだ。今回の再来日も、多くのファンがAlive(クラウドファンディングを利用して海外ミュージシャンの来日を実現させるWebサービス)主催のクラウドファンディングキャンペーンを支援したからこそ実現となったものだ。




2月20日からスタートとなる日本ツアーでは、東京ではそれぞれ違ったセットリストでの計4公演、大阪では2公演を開催することが決まっている。来日に先がけて、アラン・ロングミュアーに過去の日本公演の思い出話や、ツアーに向けての意気込みを語ってもらった。

──初めての日本公演は憶えていますか? 印象に残っていることはありますか?

アラン・ロングミュアー:日本での初めての公演は、東京の武道館だった。あのときのファンの大きな歓声と興奮ぶりは今でも鮮明に覚えているよ。レスリーがステージから客席に向かって飛び込んで問題になったんだ。大騒動になったけど、ファンはとにかく楽しんでいるみたいだった。レスリーは今回のツアーでも同じことをするのかな(笑)。

──日本滞在時には公演以外で他にどんなことをしましたか? 日本の印象はどうでしたか?


アラン・ロングミュアー:東京はスコットランドに比べるとまるで未来の都市のようだった。たくさん並ぶ高層ビル、ネオンの明かり、道路や橋…飛行機を降りた瞬間に大きな衝撃を受けたのを覚えてるし、別世界に来てしまったような感覚だった。それに、しゃぶしゃぶをはじめ日本食にも感動した。日本の人はほんとうに親切だったし、最高レベルのおもてなしを受けたよ。

──日本のファンについてはどう思いましたか? その他の国のファンと何か違いはありましたか?

アラン・ロングミュアー:当時の僕らは世界中どこにいっても信じられないほど歓迎された。でも日本のファンのレベルは違ったね。プレゼントの数もすごくて、ジャンボ機が2機あっても持って帰れなかったんじゃないかな。当時、ホテルの部屋に戻ると、メンバーみんなでもらったプレゼントの山から食べ物を見つけ出してひたすら食べたんだ。だってせっかくもらったプレゼントはひとつも置いて行きたくなかったから。それから日本のファンは何でも知っていることにも驚いたね。僕たちのツアーを担当していた日本人マネージャーが教えてくれたんだけど、彼のところに僕らのファンから電話がかかってきて、ツアーの予定を聞いてきたらしい。一体どうやって彼の電話番号を入手したんだろう。

──日本とはなぜこのような特別な関係を築いてこられたのだと思いますか? 今回のキャンペーンを支援したファンに向けてなにかメッセージはありますか?

アラン・ロングミュアー:日本のファンが僕らのことを人間として受け入れてくれたからじゃないかな。当時の僕らは、音楽と人を楽しませることに夢中な、スコットランド出身の純朴な少年だった。笑顔と元気を追い求める僕らの純粋な気持ちに日本のファンが共感してくれたからこそ、こんなに深いつながりで結ばれているんだと思う。僕たちはもう「少年」ではないけれど、来日を実現させようとクラウドファンディングに熱心に協力してくれたファンがたくさんいるということで、愛されていることを実感したし、心がとても若返った気持ちになったよ。日本のステージに再び立つのが楽しみだ。もちろん、ファンのみんなにはとても感謝しているし、ライブでたくさんの人の笑顔を見られるといいなと思っている。




──お二人が(レスリーとアラン)が日本で共演するのはずいぶん久しぶりですね。今回の公演に期待することは?前回できなかったことで、今回ぜひやってみたいことはありますか?

アラン・ロングミュアー:最後にレスリーと日本で共演したのは、何年も前のことだね。正直、僕とレスリーが日本でまた共演する日が来るなんて思ってもみなかったから、本当に特別なことだと思っている。つい最近、僕らはイギリスのツアーを終えたばかり。すばらしい会場にたくさんのファンが集まって、一緒に歌ってくれて、魔法にかけられたような時間を過ごしたよ。日本にもその魔法を持っていきたい。どんなときも変わらず僕らを応援してくれる日本のファンには、楽しい時間を過ごしてもらいたいから。前回できなかったことで今回したいことといえば、レスリーが言うには前回の日本公演は1回のみだったらしいけど、今回は計6回を予定しているので、もっとたくさんのファンに会えるし、日本を見てまわれたらと思っている。

──公演以外にも日本での滞在中にしてみたいことや楽しみにしていることはありますか?

アラン・ロングミュアー:これまで日本を訪れたときは、TVの撮影やアルバムのプロモーションに追われて忙しかったけど、今回はアルバムのプロモーションを目的に来日するわけではないので、自由時間もあるんだ。だから色んな場所を訪ねて、日本をしっかり見たいと思っている。本当に楽しみだし、早く行きたくてしょうがないよ。


pix by Bubi Heilemann(www.rockphotos.eu)

<ベイ・シティ・ローラーズ来日公演>

東京公演
@Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
2016年2月20日(土)
1stステージ 開場15:30 開演16:00
2ndステージ 開場19:30 開演20:00
2016年2月21日(日)
1stステージ 開場14:30 開演15:00
2ndステージ 開場18:30 開演19:00
※整理番号付プレミアム・チケット 自由席¥15,000
https://www.alive.mu/info/bcr2016
チケットぴあ 0570-02-9999(P-code: 283-339)
e+ http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002179836P0030001P0006

大阪公演
@ビルボードライブ大阪
2016年2月22日(月)
1stステージ 開場15:30 開演16:30
2ndステージ 開場18:30 開演19:30
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=9864&shop=2
この記事をツイート

この記事の関連情報