【2016年グラミー特集】マーク・ロンソン、無名ミュージシャン6人と「アップタウン・ファンク」をレコーディング

twitterツイート

マーク・ロンソンが、YouTubeで発掘した6人の無名ミュージシャンとともに、大ヒット曲「アップタウン・ファンク」の新バージョンをレコーディングした。

実はこれ、マスターカードが展開するプライスレス・サプライズ・キャンペーンの一環として実施されたもの。「アップタウン・ファンク」のカバーをYouTubeにアップしていた無名ミュージシャンの中からマーク・ロンソンが6人をピックアップし、「マーク・ロンソンのドキュメンタリーのための曲をレコーディングする」という名目でレコーディングスタジオに招待。しかしミニバスに乗って現場に到着した6人は、そこがかの有名なアビー・ロード・スタジオと知ってビックリ。そしてスタンバイしていると、突然マーク・ロンソンが登場してまたビックリ。さらにマーク・ロンソンから「実は今から「アップタウン・ファンク」の新バージョンを全員でレコーディングするんだ。そのために僕が君たち1人1人を選んだんだよ」と告げられてまたまたビックリ…というからくりだった。


今回の仕掛け人マーク・ロンソンは、

「ユニークな才能を持つ6人を集めて新しいバージョンをレコーディングできたことは、非常に良い経験だった」
「才能あるミュージシャンやシンガーが僕の曲に興味を持ち独自の解釈でカバーしてくれるのは光栄だといつも思っている」
「自分の曲のカバーバージョンをプロデュースしたのは初めてだったんだけど、すごく楽しかったよ」

と語っている。

2014年11月にリリースされた「アップタウン・ファンク」は、世界各国で爆発的なセールスを記録。特にロンソンの母国イギリスでは2015年に最も売れたシングルとなった。また同曲は、第58回グラミー賞で年間最優秀レコード、最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)、最優秀リ ミックス・レコーディングの3部門にノミネートされている。

写真クレジット:WireImage

<WOWOWオンエア情報>

「生中継!第58回グラミー賞授賞式」 ※生中継 ※二ヵ国語(同時通訳)
2016年2月16日(火)午前 9:00 WOWOWプライム
同日夜は、字幕版でリピート放送
★「第58回グラミー賞授賞式」※字幕
2016年2月16日(火)よる 10:00 WOWOWライブ

◆WOWOWグラミー特集
◆WOWOW×BARKS2014年グラミー特集チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報