ブルース・スプリングスティーンが9月に自叙伝『Born To Run』を出版することを発表した。

◆自叙伝『Born To Run』画像

スプリングスティーンは、2009年、Eストリート・バンドとスーパーボウルのハーフタイム・ショウでパフォーマンスした後、本の執筆に取りかかったそうだ。7年かけて完成したという。

彼の想像力をかきたてることになった“詩、危険、暗闇”に囲まれ育った少年時代、Eストリート・バンドの成功、これまで語られることのなかったアルバム『Born To Run(明日なき暴走)』の制作秘話など、あますことなく綴られているそうだ。

スプリングスティーンは「自分について書くっていうのは、おかしな行為だ。でも、こういうプロジェクトでは、著者には1つ誓約がある。読者に彼の心の中を見せるってことだ。僕はこの本でそれを試みた」とコメントしている。

『Born To Run』は9月27日に世界同時出版される。アメリカ、英国、カナダ。オーストラリア、インドではSimon & Schusterからハードカバー、電子書籍、オーディオブックが発売。9ヶ国で出版契約が交わされているという。

Bruce Springsteen will release his autobiography 'Born To Run' on September 27th. “Writing about yourself is a funny...

Posted by Bruce Springsteen on 2016年2月11日


Ako Suzuki