2015年10月には初の来日公演を行い、破格のライヴ・パフォーマンスを披露したコートニー・バーネットが、今年20周年を迎える<FUJI ROCK FESTIVAL '16>に出演する。

◆コートニー・バーネット画像

ガレージロックのエッジを持った高い音楽性、稀代のリリシストと評される歌詞、左利きのギターで歌うライヴ・パフォーマンス…その群を抜く存在感は、フジロックでも多くの音楽ファンを熱狂させることだろう。第58回グラミー賞では「最優秀新人賞」にノミネートされており、日本時間2月16日(火)に行われるグラミー賞授賞式も非常に楽しみだ。

Courtney Barnett Pedestrian at Best 字幕付 from Traffic on Vimeo.



<FUJI ROCK FESTIVAL '16>

2016年7月 22日(金)、23日(土)、24日(日)
@新潟県 湯沢町 苗場スキー場
http://www.fujirockfestival.com

コートニー・バーネット『サムタイムス・アイ・シット・アンド・シンク、サムタイムス・アイ・ジャスト・シット』


2015年3月18日発売
TRCP-182 定価:2,100円(税抜)
1.Elevator Operator
2.Pedestrian at Best
3.An Illustration of Loneliness(Sleepless in NY)
4.Small Poppies
5.Depreston
6.Aqua Profunda!
7.Dead Fox
8.Nobody Really Cares if You Don't Go to the Party
9.Debbie Downer
10.Kim's Caravan
11.Boxing Day Blues
12.Avant Gardener(bonus track)
13.History Eraser(bonus track)