カニエ・ウェストが、新曲「Famous」の歌詞の中で“テイラー”との名前を出し、テイラー・スウィフトの弟や友人、ファンが不快感を示したが、テイラー本人も同じ気持ちのようだ。

◆テイラー・スウィフト画像

アメリカの芸能サイトTMZ.comは、関係者の話として、カニエは前もってテイラーに電話を入れ、冗談だから怒らないで欲しいと説明、テイラーはこの歌詞のまま曲をリリースすることをOKしたと伝えていた。

しかし、テイラーのスポークスマンは直ちに、それを否定する声明を発表した。「カニエは、承諾を得るためにテイラーに電話したのではなく、彼女のTwitterアカウントで彼のシングル“Famous”を発表して欲しいと頼んできました。彼女はそれを断り、女性嫌いの強いメッセージを込めた曲をリリースすること対し、彼を戒めました。テイラーは、“俺があのビッチを有名にした”という歌詞について全く知りませんでした」

カニエは木曜日(2月11日)、ファッション・ショーでこの曲「Famous」を初披露した。ニュー・アルバム『The Life Of Pablo』に収録される同曲では、リアーナがフィーチャーされている。

現在のところ、カニエからのコメントはなされていない。

Ako Suzuki