【インタビュー】ViCTiM、兄妹デュオ初作品に「せっかく2人でやるんだったら大暴れしたい」

twitterツイート

■どこかに、今後に繋がるキーワードが隠れているかも
■そういう仕込みもしているので、ヒント探しをするのも面白い──VALSHE

──「ゼロサム・ゲーム」と「ノン・ゼロサム・ゲーム」が連なったミュージックビデオについても教えてください。

VALSHE:今回ミュージックビデオでは新しい試みとして、対になる楽曲を1曲として繋げているんです。この2曲はとても親和性が高く、片方だけでは成立しないと思ったので、核となるワードが配置されている部分をドッキングさせて1つのストーリーとして組み立てています。そこがいちばんの押しどころなので楽しみにしてほしいですね。

minato:基盤は同じなんだけど、やっていることが違う。静と動みたいな映像になってますね。

VALSHE:どっちの曲が先になっているのか、それと結末にも注目してもらえたら嬉しいですね。なぜ2曲をダブルAサイドにしたのか、その理由もわかってもらえると思います。

──楽しみがいろいろ隠されてますね。カップリングの「ポイズン・アップル・ジュース」がまた良いですよね。最初に公開された写真のダークファンタジー的な世界に通じる曲で、ちょっとぶっ飛んでるというか(笑)。

VALSHE:「ノン・ゼロサム・ゲーム」のサビを作った時に一緒に持っていった楽曲なんです。「カップリングなら好きなことしよう」って。ダークファンタジーっておっしゃってくれたように、写真だったりの世界観と直結するものを1曲入れたいなって。で、自分の中でイメージしたキャラクターをminatoに伝えて。

minato:抽象的なイメージだったんですけど、ワードをいっぱいもらったんですね。情景はこんな感じで、こんな人物とこんな人物が歌っている感じっていうVALSHEの言葉をヒヤリングして、じゃあ、こういう世界観かなって。ミュージカルみたいな要素がある曲だったので、そういうところを強調したいと思いましたね。この曲では僕が1オクターブ下を歌っているんですが、完成させていく過程で2人が全然違う音域で歌ったほうが面白い気がして。いろいろと試行錯誤した曲ですけど、それも楽しかったですね。

──男性と女性のヴォーカルの違いが明確に出ていますよね。

VALSHE:この曲こそ絶対に1人では出来なかった曲ですね。2人で組むならぜひやりたいと思っていたことをそのまま具現化した曲です。

minato:歌詞も同じことが言えると思います。

──登場人物がいろいろ出てきそうな曲ですもんね。

minato:そうですね。音域的にも世界観的にも男女2人だからこそ出来る曲ですね。

──「ポイズン・アップル・ジュース」は飲むと大変なことになるドリンクとして描かれていますね。

minato:現実世界に当てはめるとハマってしまうとやばいものって必ずあるじゃないですか。甘い誘惑にのったら、依存してやめられなくなってしまうもの。それをファンタジックに表現していますね。ジュースを勧めてくる人がいて「ちょっとならいいかな」って飲む人がいたり、「うーん」って考えている人がいたりとか。

──ファンタジーであり、シニカル。このへんはViCTiMらしいところなのかなと。

minato:そうですね。この後の作品にもこういう要素は盛りこまれてくると思います。

──この曲も映像見たいですね。

VALSHE:撮りたい。頭からググッと出したい(笑)。

minato:カップリングの立ち位置ではあるものの、すごく思い入れが深い曲ですね。

VALSHE:ミュージカル風の曲調と台詞が入る歌詞のどこかに、今後のViCTiMに繋がるキーワードが隠れているかもしれない。そういう仕込みもしているので、今後はどうなるんだろうってヒント探しをするのも面白いかもしれない。

──なるほど。2人がユニットを組むことが発表された時点では、音楽的にはどんなものになるのか、まったく想像がつかなかったんですね。打ち込み的な肌触りなのか、ヴォーカルをメインに据えたものなのか。結果、「ゼロサム・ゲーム」と「ノン・ゼロサム・ゲーム」の2曲に関していえば、デジタル的なサウンドではなく、ハードな生サウンドを基盤としたツインボーカルのバンドスタイルとも捉えられるわけで。

minato:そうですね。そこはちょっと裏切ってみたいなとは思っていたところもありつつ(笑)。minatoとVALSHEが一緒にやることによって、大人しく落ち着いたねって思われるのがイヤだったんです。せっかく2人でやるんだったら、大暴れしたいよねみたいな(笑)。

VALSHE:初めての歌合わせのときも、スタジオには生バンドが居て“せーの”で合わせましたからね。バンドの音がうるさいくらい!って言いながらでしたから(笑)。

──となるとライヴに期待しちゃいます。

minato:生のサウンドの方向に広がっていくのも面白いと思いますし、今後のサウンド的な展開も楽しみにしていてください。

VALSHE:VALSHEとして初めてツアーという形で廻らせてもらったのが自分にとって良い経験だったので、ViCTiMとしてライヴができたら楽しみだし、音楽同様、ひとりでは出来ないことがあるだろうから、自分たちでも期待してます!

取材・文◎山本弘子



■Double A side Single「ゼロサム・ゲーム/ノン・ゼロサム・ゲーム」

2016年2月24日(水)発売
【初回限定盤 (CD+DVD)】JBCZ-6041 ¥2,000 (税込)
1. ゼロサム・ゲーム
Lyrics by VALSHE Music by minato
2. ノン・ゼロサム・ゲーム
Lyrics & music by ViCTiM
3. ゼロサム・ゲーム(Instrumental)
4. ノン・ゼロサム・ゲーム(Instrumental)
<特典DVD>
・「ゼロサム・ゲーム / ノン・ゼロサム・ゲーム」MUSIC VIDEO
・CD制作密着メイキング「ゼロサム・ゲーム / ノン・ゼロサム・ゲーム」
※バンドリハーサル、レコーディング、JK写撮影、MV撮影などに密着したメイキング映像
<封入特典>〔CARD〕JOKER -VALSHE–

【Musing盤 (CD+フォトブック)】JBCF-1006 ¥3,000 (税込)
※三方背スリーブ仕様
1. ノン・ゼロサム・ゲーム
Lyrics & music by ViCTiM
2. ゼロサム・ゲーム
Lyrics by VALSHE  Music by minato
3. ポイズン・アップル・ジュース
Lyrics by VALSHE Music by minato
4. ノン・ゼロサム・ゲーム (minato less version)
5. ノン・ゼロサム・ゲーム (VALSHE less version)
6. ゼロサム・ゲーム (minato less version)
7. ゼロサム・ゲーム (VALSHE less version)
<封入特典>〔CARD〕JOKER -minato-
※音楽ポータルサイト「Musing」のみでのお取り扱いとなります。

【通常盤(CD)】JBCZ-4022 ¥1,200 (税込)
1. ゼロサム・ゲーム
Lyrics by VALSHE  Music by minato
2. ノン・ゼロサム・ゲーム
Lyrics & music by ViCTiM
3. ポイズン・アップル・ジュース
Lyrics by VALSHE Music by minato
<封入特典>〔CARD〕JOKER -ViCTiM-

◆ViCTiM オフィシャルサイト
◆VALSHE オフィシャルサイト
◆トゥライ(minato) オフィシャルサイト
◆VALSHE オフィシャルTwitter
◆minato オフィシャルTwitter

◆インタビュー(2)へ戻る
◆インタビュー(1)へ戻る
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon
amazon