カプコンが、ロック+オーケストラによる“ロッケストラ”コンサート<CAPCOM LIVE!>の世界ツアーを2016年3月より初開催することを発表した。

1983年の創業以来、カプコンは数多くのヒット作を世に送り出してきた。「ストリートファイター」、「バイオハザード」、「モンスターハンター」などは長年にわたり支持され続け、69作品のミリオンセラーを創出している。

この度開催が決まった<CAPCOM LIVE!>は、1980年代から現在までのカプコンの代表作10作品以上のゲーム音楽を映像とシンクロさせ、生演奏で楽しむことができるイベントだ。ロックバンドとオーケストラが協奏する「ロッケストラ」で北米において抜群の知名度を誇るグループ「Video Game Orchestra」の演奏に加え、ビジュアルエフェクトやデザインされた照明を織り交ぜたステージングなど、洗練されたエンターテイメントを追求するという。ゲームユーザーだけに焦点を当てたイベントとは異なり、音楽ファンや一般層も楽しむことができる新機軸の音楽プロジェクトとなりそうだ。

また<CAPCOM LIVE!>は、2016年3月の中国での2公演を皮切りに、北米ボストンなどで開催されるほか、次年度以降にかけて順次地域を拡大するという。日本やヨーロッパ、中南米、アジアなど全世界で30以上の公演を目指しているということだ。

<CAPCOM LIVE!>

開催時期:2016年3月~
開催地域:2016年 中国(上海:3月19日、北京:3月26日)、ボストン:4月9日など

2017年度以降 北米、中南米、ヨーロッパ、アジアなど全世界にて、年間30~40公演を予定