音茶楽、Flat4-櫻PlusとFlat4-緋櫻Plus新登場

ツイート

音茶楽から、待望の新製品が登場する。Flat4-櫻Plus(SAKURAPlus)とFlat4-緋櫻Plus(AKAZAKURAPlus)の2モデルだ。

◆Flat4-櫻Plus、Flat4-緋櫻Plus画像

オークヴィレッジと音茶楽とのコラボレーションモデルの最新作となるもので、2機種合わせ国内外トータルで500台弱の限定販売モデルとなる。センターキャビネットは響きの優しい山櫻無垢材の削り出しで制作され、拭き漆仕上げが施される。Flat4シリーズの中では最も柔らかい音に仕上がっているという。かすかな余韻まで優しく奏でる逸品とのことだ。

ウルシの木の樹液である漆は、太陽と土と水の営みから作られ木を育てる事で繰り返し得られる天然の塗料で、漆が木に深く浸透し硬化すると、どんな塗料よりも耐久性に優れたものになる。漆塗装は紫外線などで透けていき木目が見える様に経時変化するので、使い込む程に音質も外観もエイジングされていき、愛着もまたひとしおとなる。


▲Flat4-櫻Plus


▲Flat4-緋櫻Plus

シリーズの特徴となる位相補正チューブを用いたツインイコライズドエレメント方式は、外耳道を塞ぐ事によって生じる6KHz付近の共振を抑える特殊機構だが、個人の外耳道の長さと位相補正チューブの長を合わせることで理想的な効果が得られるものため、2モデルが用意されている。標準がFlat4-櫻Plus、外耳道長めの設計がFlat4-緋櫻Plusとなる。

なお、3月5日には、オークヴィレッジ自由が丘ショールームにてトークイベント<イヤホン作りの限界に挑む>が開催される。トークイベント終了後にFlat4-櫻Plus/Flat4-緋櫻Plusの試聴展示及び少量先行販売が予定されている。お見逃しなく。






Flat4-櫻Plus、Flat4-緋櫻Plus

オープン価格(音茶楽Sound Customize 販売予定価格75,000円+税)
3月11日発売
フジヤエービック、eイヤホン、山野楽器銀座本店、ヨドバシカメラ(一部店舗)、オークヴィレッジ及び音茶楽Sound Customize店舗他にて販売開始予定
この記事をツイート

この記事の関連情報