バッファローのNAS「DELA N1シリーズ」がe-onkyo music自動ダウンロードに対応

ツイート

バッファローのハイレゾ対応デジタルミュージック・ライブラリー「DELA N1シリーズ」がe-onkyo musicの自動ダウンロードに対応、e-onkyo musicで購入した楽曲をPCを介さずに「DELA N1シリーズ」に保存することが可能となった。

e-onkyo musicは、2005年のサービス開始以降、さまざまなハイレゾ配信を行い、現在では国内最大級のカタログ数を持つハイレゾ音源配信サイト。一方のバッファロー「DELA N1シリーズ」は、新コンセプトのデジタルミュージック・ライブラリーをうたったオーディオ向けNAS(ネットワーク接続ハードディスク)。新規開発のオーディオグレードSSDの搭載や、徹底的なノイズ排除など伝送品質にこだわった製品で、デジタル音楽データを保存・自動整理し、さまざまなオーディオ機器へ配信。音楽データを一度保存すれば、ネットワークオーディオプレーヤー、USB DAC、SACDプレーヤー、AVアンプなどに搭載されたさまざまな高品位D/Aコンバーターを接続して楽しむことができる。

この「DELA N1シリーズ」を2月24日から公開、無償提供が開始された新ファームウェア(Ver.2.30)でアップデートすることで、e-onkyo musicで購入した楽曲をPCなしで保存することが可能となった。

「DELA N1シリーズ」にe-onkyo musicのアカウントを登録することで、定期的に「DELA N1シリーズ」がe-onkyo musicへアクセスし、自動でダウンロードする。スマホやタブレットで楽曲を購入した場合でも、大容量のハイレゾ音源を端末にダウンロードすることなく「DELA N1シリーズ」へ直接ダウンロードさせることが可能だ。また、通勤・通学時などに楽曲購入の手続きをしておけば、帰宅時には音源のダウンロードが完了しているので、すぐに音楽を楽しむことができる。


▲e-onkyo musicのウェブサイト。

この記事をツイート

この記事の関連情報