VALSHEとminatoによる兄妹ロックデュオ“ViCTiM”が2月28日、お台場ヴィーナスフォート2F 教会広場にて1stシングル『ゼロサム・ゲーム/ノン・ゼロサム・ゲーム』のリリースイベントを開催した。当日のレポートをお届けしたい。

◆ViCTiM 画像

非現実と現実の境界線を思わせるビジュアルコンセプト、エッジの効いた激しい生音サウンドと美しく壮麗な音楽性。これら二面性を提示したスタイルはViCTiMならではのものであり、2月24日リリースのダブルAサイドシングル「ゼロサム・ゲーム/ノン・ゼロサム・ゲーム」には、その両軸が明瞭に描き出されていた。加えて、2曲が対となったミュージックビデオはスペクタクルなショートムービーとしての完成度も高い。

ViCTiMは2月26日から28日にかけて、東名阪でシングル『ゼロサム・ゲーム/ノン・ゼロサム・ゲーム』の購入者対象リリースイベントを開催した。その最終公演となるお台場ヴィーナスフォートは女性客や家族連れなどの姿で埋め尽くされ、VALSHEソロからのファンはもとより、これまでVALSHEのサウンドプロデューサーとして一心同体で歩んできたminatoと共に並び立つことで完成されるViCTiMを待ち望むオーディエンスの期待が、熱気となって開演前の会場を盛り上げていた。


教会を模した扉が左右に開き、中からVALSHEとminatoの2人が姿を現した。2人が大勢の観客たちをジッと見つめたイベントのオープニングは、麗しくも壮大な「ノン・ゼロサム・ゲーム」を凛々しく歌いながらスタート。minatoが歌っているときも、マイクを外しつつ歌を口づさんでいたVALSHEの姿が印象的だ。ときには互いを見つめながら、終盤では伸ばした手の先を軽く結ぶなど、その一挙手一投足から目を離すことができないオーラが2人のステージにはある。しかし、MCでは2人の和やかな場面も。

「出てくる直前から泣きそう」──minato

「お兄ちゃんが泣くと、自分も引っ張られて泣きそうになるから我慢したんだけど。ここに立って声援を聞いたら、ウッと泣きそうになって。VALSHE時代からも、対を成すコンセプトを作ってきましたけど。それを表現するスタイルや楽曲、ビジュアル、映像などを含め、色濃く形にしたのが「ゼロサム・ゲーム/ノン・ゼロサム・ゲーム」です。今日も、ViCTiMで贈る楽曲の持つ異なる表情や世界観を楽しんでください」──VALSHE


そして2曲目に披露されたナンバーは、ダークファンタジーなカップリングナンバー「ポイズン・アップル・ジュース」だった。軽快なステップでコミカルに踊りながらVALSHEが歌えば場内からは「可愛い!」の声が飛び、1オクターブ下の低音を効かせたminatoの歌声に場内が思わず聴き入る。2人は物語のキャラクターに扮するように、ときに妖しく胸弾ませるストーリーを演じ、間奏では実際にアクトを混ぜて場内に幻想浪漫な空間を作りあげた。

「ヒートアップしてきたところで終わってしまうのがリリースイベント。でも、この限られた時間でどれだけお客さんたちとの距離を近づけ盛り上がっていけるかが、リリースイベントの醍醐味。楽しんでいますか?! 大阪のキャンペーンからの帰りの新幹線ホームの中、大阪限定のポテトチップスを発見して。マネージャーが「これ美味しいんですよねぇ」と買った袋を、別のスタッフさんが「ホントに美味しいの?」と食べたら美味しかったみたいで(笑)。それをみんなに勧めて食べてたら最後は空っぽになってた」──VALSHE

「あー、ないーっ!!ってマネージャーが叫んでたからね」──minato

と、この東名阪リリースイベントを爆笑で振り返りつつ、2人とも初体験のヴィーナスフォートについては、「普通にいろんなお店をまわりたい」(minato)、「事前にお店をチェックしておいたから、普通にお客さんとして来てみたい」(VALSHE)など、砕けた会話を通して優しい素顔も見せていた。


minatoの「温度上げていきましょう」という言葉に続いて披露されたラストナンバーは「ゼロサム・ゲーム」。舞台上で闘い合うように雄々しく歌いあげた同曲に、オーディエンスも拳を振り上げる。終始舞台上を動きまわった2人は、これら3曲にてViCTiMの世界観を描き切ったと同時に、ボーカリストとしての2人の表現力の高さ、2人の歌声が交ざり合ったときに起こりえる膨大な化学反応を提示してみせた。

「VALSHEのソロ活動でも、minatoはいつも側にいた存在。同じ距離感で支えあっている関係が、今までない感覚で嬉しいし楽しい」──VALSHE

「2人でやると、いろんな感じ方も違ってきて楽しい。とくにファンのみんなを前にして直接届く声は嬉しくて心にグサッときます」──minato

こう語った2人は参加したみんなと記念写真を撮影。続いて、「握手会」と「チェキ撮影会」へと進行した。「握手会」には、親子連れや、感激のあまり瞳に涙を浮かべる女性ファンも。また、「チェキ撮影会」ではファンが臨んだポーズに2人が応じるなど、ViCTiMとのスペシャルな触れ合いを、存分に楽しんでいた姿が印象的なイベントとなった。

撮影◎青木早霞(PROGRESS-M)




■Double A side Single「ゼロサム・ゲーム/ノン・ゼロサム・ゲーム」

2016年2月24日(水)発売
【初回限定盤 (CD+DVD)】JBCZ-6041 ¥2,000 (税込)
1. ゼロサム・ゲーム
Lyrics by VALSHE Music by minato
2. ノン・ゼロサム・ゲーム
Lyrics & music by ViCTiM
3. ゼロサム・ゲーム(Instrumental)
4. ノン・ゼロサム・ゲーム(Instrumental)
<特典DVD>
・「ゼロサム・ゲーム / ノン・ゼロサム・ゲーム」MUSIC VIDEO
・CD制作密着メイキング「ゼロサム・ゲーム / ノン・ゼロサム・ゲーム」
※バンドリハーサル、レコーディング、JK写撮影、MV撮影などに密着したメイキング映像
<封入特典>〔CARD〕JOKER -VALSHE–

【Musing盤 (CD+フォトブック)】JBCF-1006 ¥3,000 (税込)
※三方背スリーブ仕様
1. ノン・ゼロサム・ゲーム
Lyrics & music by ViCTiM
2. ゼロサム・ゲーム
Lyrics by VALSHE  Music by minato
3. ポイズン・アップル・ジュース
Lyrics by VALSHE Music by minato
4. ノン・ゼロサム・ゲーム (minato less version)
5. ノン・ゼロサム・ゲーム (VALSHE less version)
6. ゼロサム・ゲーム (minato less version)
7. ゼロサム・ゲーム (VALSHE less version)
<封入特典>〔CARD〕JOKER -minato-
※音楽ポータルサイト「Musing」のみでのお取り扱いとなります。

【通常盤(CD)】JBCZ-4022 ¥1,200 (税込)
1. ゼロサム・ゲーム
Lyrics by VALSHE  Music by minato
2. ノン・ゼロサム・ゲーム
Lyrics & music by ViCTiM
3. ポイズン・アップル・ジュース
Lyrics by VALSHE Music by minato
<封入特典>〔CARD〕JOKER -ViCTiM-

◆ViCTiM オフィシャルサイト
◆VALSHE オフィシャルサイト
◆トゥライ(minato) オフィシャルサイト
◆VALSHE オフィシャルTwitter
◆minato オフィシャルTwitter