RCサクセションの「上を向いて歩こう」が阿部サダヲ主演映画『殿、利息でござる!』主題歌に

ツイート

(c)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

忌野清志郎がライブで必ず「日本の有名なロックンロール!」と紹介し歌唱していた坂本九のカヴァー曲「上を向いて歩こう」。1979年7月21日にRCサクセションのシングル「ステップ! / 上を向いて歩こう」として発売されたこの楽曲が、歴史エンターテインメント映画『殿、利息でござる!』(配給:松竹 5月14日全国公開)の主題歌となることが決定した。

◆忌野清志郎 画像

『殿、利息でござる!』は、“平成の司馬遼太郎”との呼び声も高い磯田道史氏の近著『無私の日本人』(文春文庫刊)の一編「穀田屋十三郎」を、注目を集める中村義洋監督が映画化した作品だ。江戸中期の仙台藩吉岡宿に実在し、年貢の取り立てや労役で困窮する宿場町を守るため、知恵と工夫と決死の覚悟で立ち上がり、ついに地域を立て直した住人たちを、生き生きと描いた痛快歴史エンターテインメント映画だ。

今回の楽曲起用の理由について、松竹のプロデューサー池田史嗣氏は『まず、曲から決めました。「上を向いて歩こう」はビルボードで全米一位を取った唯一の日本語楽曲。また多くの悲しみに直面したときに、人々が口ずさむ名曲中の名曲です。目の前の問題と向き合いながら、悲しみをこらえ、未来に向かって進んで行く庶民にとってこれ以上の応援歌はありません。数多あるカバーの中からRCを選んだのは、そこに込められたスピリットが今回の映画製作の志と完全に共鳴したから。勿論、監督も私もRCサクセションの大ファンです。』と語っているという。また、『清志郎さんはライブのクライマックスでよく『上を向いて歩こう』を歌い、その際に必ず「日本の有名なロックンロール!」と紹介していたのは有名な話。“キング・オブ・ロック”忌野清志郎さんは、原曲が持つ単なる歌謡曲に留まらない魅力から、「名もなき者が持つ強さ」いう、ロックにとって何よりも大切なマインドを感じ取っていた(だからこそ大胆にアレンジしてカバーした)…のかもしれません。』とコメントしている。

(c)Babys

映画『殿、利息でござる!』

原作:磯田道史『無私の日本人』所収「穀田屋十三郎」(文春文庫刊)
出演:阿部サダヲ  瑛太  妻夫木聡 竹内結子 松田龍平 他
監督:中村義洋
製作:「殿、利息でござる!」製作委員会
配給:松竹
公開:2016年5月14日
(c)2016「殿、利息でござる!」製作委員会
公式HP:www.tono-gozaru.jp

この記事をツイート

この記事の関連情報