ジョン・レノンの切手コレクション、世界切手展で展示

ツイート

5月に米NYで開かれる<ワールド・スタンプ・ショウ2016>で、ジョン・レノンが少年のとき集めていた切手のコレクションが展示されるそうだ。

◆ジョン・レノン切手コレクション画像

レノンは、年上の従兄スタンリー・パークスからコレクション用のアルバムをもらったのをきっかけに、切手を集めるようになったという。アルバムの表紙裏にあったパークスの名前と住所を消し、「John Lennon 251 Menlove Ave Woolton Livepool」と書き直している。また、序文に掲載されたビクトリア女王とジョージ6世のイラストにヒゲをいたずら描きしたのもレノンのようだ。

アルバムは国別に切手を貼るようにできており、英国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、インド、アイルランドのページに多くの切手が見られる。専門家によると、少年が集めたものらしく高価だったりレアな切手はないという。

アルバムは2005年10月~2006年4月にワシントンDCにあるNational Postal Museumの展示会で初公開された。

<ワールド・スタンプ・ショウ2016>は5月28日から6月4日まで、マンハッタンのJavits Event Centerで開かれる。

Ako Suzuki

◆<ワールド・スタンプ・ショウ2016>オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報