アレンジャー、プロデューサー、そしてキーボーディストとして広く活躍を続ける重実徹が最新ソロ・アルバム『Sensual Piano』を3/16にリリースする。

◆重実徹~画像~

山下達郎のツアー・メンバーとして1986年から参加、また2001年からはMISIAのツアーのアレンジャー/キーボーディストとして参加している重実徹。アレンジャーやプロデューサーとしても、福山雅治「It’s only love」、チャゲ&飛鳥「SAY YES」などの印象的なキーボードの音色を、Kiroro「Best Friend」ではアレンジを手掛けるなど数多くの作品に参加している。名前を意識したことは無くても、重実徹の音は誰もが耳にしている。

最新ソロ・アルバム『Sensual Piano』は、官能的で抒情的な重実徹のピアノ・プレイの神髄を、最新の技術と音響を使って作り上げた、良質で親しみやすいメロディが溢れだす作品集となっている。聴き手を選ばない、純粋な音楽の楽しみが堪能できる見事な仕上がりだ。


ソウル、ジャズ、ブルース、ポップスなど多岐にわたる演奏フィールドと、数多くの優れたヴォーカリストに愛されてきた個性的なプレーをぜひお楽しみいただきたい。

『Sensual Piano』

3月16日発売
STPR005 価格:¥2,700プラス税
≪収録曲≫
1.Claude Monet(クロード・モネ)
2.On my way to your town(オン・マイ・ウェイ・トゥ・ユア・タウン)
3.La la means I love you(ラ・ラ・ミーンズ・アイ・ラヴ・ユー)
ヴォーカル : Lyn
4.An island(アン・アイランド)
5. Jazz delight(ジャズ・ディライト)
サキソフォン:鈴木明男
6.All about your story(オール・アバウト・ユア・ストーリー)
7. Treat slowly(トリート・スローリー)
8. Paradise(パラダイス)
9. Chasing the moon(チェイシング・ザ・ムーン)
10. In southern rain(イン・サザン・レイン)
11.Ripple on the lake(リプル・オン・ザ・レイク)
フルート:鈴木明男
12.Gajumaru(ガジュマル):Bonus Track

ハイレゾ音源(96kHz/24bit)同時発売(配信)

関連画像

◆重実徹 画像