水曜日のカンパネラが、アメリカ・テキサス州で開催されている世界最大規模の音楽フェス<SXSW2016>に“WEDNESDAY CAMPANELLA”としてステージに立った。

◆水曜日のカンパネラ ライブ画像

水曜日のカンパネラは、3月16日(水)12:00より(現地時間:3月15日22:00~)「Cheer Up Charlies」という会場のステージに出演した。過去に台湾でのライブ経験はあるが、アメリカでのパフォーマンスは水曜日のカンパネラにとって今回が初めてとなる。

一行は、現地時間の3月13日にオースティンに到着したという。翌3月14日にはライブ会場が密集する<SXSW>の中心エリア、Red River & 6th Streetでストリートライブを敢行。ワンマンなどでもおなじみの招き猫とコムアイが三輪自転車のタクシーに乗り込み、パフォーマンスを行った。

そして3月15日22:00に「Cheer Up Charlie’s」で本番がスタート。「ナポレオン」がはじまるとステージ後方のライブ会場入口から、お神輿に乗ってコムアイが登場し、会場に歓声が沸き起こった。続いて「ユタ」を歌いあげると、ここでコムアイから英語で「みんな、ありがとう。今、東京でアルバムをつくっているの。次のアルバムは6月にワーナーミュージック(Atlantic)からリリースします。」とメジャーリリースの決定が発表され、アルバムに収録予定の新曲「チュパカブラ」をライブ初披露した。

また、「メデューサ」では、ライトを持って観客の間を動き回り、そのまま客席後方のコンテナに登り「シャクシャイン」を披露、そして「桃太郎」では、先日行われた東京・大阪のワンマンライブでも披露したウォーターボールに入って観客の頭上をクラウドするパフォーマンスをおこなった。







ライブ終了後も初のアメリカ公演にもかかわらず、多くのファンがコムアイにサインや握手を求める声が聞こえたようだ。と、初のアメリカでの公演で着実に実績を残した、水曜日のカンパネラ。6月のリリースが実に待ち遠しい。

[WEDNESDAY CAMPANELLA<SXSW2016>セットリスト]

1.ナポレオン
2.ユタ
3.チュパカブラ
4.ウランちゃん
5.メデューサ
6.シャクシャイン
7.桃太郎