シアトル警察、カート・コバーンが自らを撃った銃を公開

twitterツイート

シアトル警察が水曜日(3月16日)、1994年4月5日、ニルヴァーナのフロントマンだったカート・コバーンが自らの命を絶つ際に使用したショットガンの写真を初めて公開した。

◆ショットガン画像

AP通信によると、写真は2015年6月に撮影されたもので、コールド・ケースを扱う部署の捜査員が持ちさまざまなアングルから撮った5枚が、シアトル警察のサイトに掲載されたという。

なぜ、この時期、写真が公開されたのかは不明。現時点で、警察はAP通信の問い合わせに返答していない。CBSニュースからの請求により、情報を公開したと伝えるところもある。

コバーンは1994年4月8日、シアトルの自宅で亡くなっているのが発見された。その3日前に死亡したと推測されている。

コバーンの死をめぐってはさまざまな陰謀説がささやかれたが、シアトル警察は自殺と判定している。このショットガンに関しては、殺人の証拠を消すため、警察が熔解したとの噂まであった。

シアトル警察はこれまで写真や報告書を公開してきたが、ショットガンの写真は出ていなかった。



Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報