セックス・ピストルズの家、文化遺産に

twitterツイート

英国の歴史的建造物を保護する公的機関Historic Englandが、ロンドンの楽器屋が並ぶ小道デンマーク・ストリートにある2つの建物を重要建造物(Grade II*)に認定した。その1つには、1970年代、セックス・ピストルズのメンバーが住んでいた。

この17世紀の建築物は、現在、道路に面する1階はヴィンテージ・ギター店となっている。70年代には、マルコム・マクラーレンが地下をスタジオに改造。ピストルズのメンバー、スティーヴ・ジョーンズとグレン・マトロックが上階に住み、ここで初のデモを制作したという。部屋にはいまでもジョニー・ロットンが壁に描いたグラフィティが残っている。


一般公開されているわけではないが、(いまはわからないが)数年前は、興味を示すとギター店のオーナーが部屋を見せてくれることもあった。

反体制的なスタンスだったピストルズだけに皮肉な出来事だが、Historic Englandは「歴史的もしくは文化的に重要なものを保護するのが目的です。パンクは私たちの文化史の重要な一部です」とコメントしている。

また、認定したのはそれだけが決めてだったわけではなく、建物には17~18世紀の建築ディテールや装飾がいい状態で保存されているからだという。

とはいえ、2016年はパンク誕生40周年。いいタイミングだった。



Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス