2015年シーズン、プロ野球界初の“ビールの売り子アイドル”としてデビューしたマリーンズ カンパイガールズが、プロ野球開幕となる3月25日、新曲をリリースした。

◆マリーンズ カンパイガールズの個人画像、写真集(ビキニ)画像、「カンパイ応援歌」ミュージックビデオ

昨年は、想像を超える反響で、球場で600枚限定で発売したデビューシングルが1日で完売。テレビ、雑誌、Web、イベント会場など、様々な媒体や会場で露出され、プロ野球ファンはもちろん、アイドルファンの間でも注目される1年となった。



そんな彼女たちの2016年シーズンは、5月からスタートした前年とは異なり、3月25日開幕戦からQVCマリンフィールドで活動をスタート。新メンバーを加えて、カンパイガールズ自身2枚目となるシングル「カンパイ応援歌」も開幕当日にリリースとなった。なお、昨年ビール販売3万杯を達成して発売が決定した写真集(CD付)と、カレンダー(CD付)も限定(各1000部)で開幕戦当日からQVCマリンフィールドで発売される。




(ちなみに公開中の「カンパイ応援歌」ミュージックビデオは、なぜか途中ビキニ姿である)

また3月26日土曜日の試合終了後には、写真集、カレンダーの購入者限定握手会も開催予定。ファンにとっては開幕早々嬉しい週末になりそうだ。

「昨年は、予想を上回るリアクションを球場内外で感じることができました。今年は昨年以上に、QVCマリンフィールドでハッスルして、たくさんのお客さんと一緒に、千葉ロッテマリーンズを応援したいです!球場でマリーンズ カンパイガールズを見かけたら、お気軽に声をかけてくださいね!今年は絶対優勝ですね!」── 今井さやか(マリーンズ カンパイガールズ リーダー)

マリーンズ カンパイガールズは、開幕当日からシーズン最終戦まで、毎試合QVCマリンフィールドで稼働する。