アヴィーチー、ライブ活動終止を宣言

ツイート

アヴィーチーが、2016年に予定しているツアーを最後にライブ活動から身を引くと発表した。

◆アヴィーチー画像

アヴィーチーは本名ティム・バーグリング名義で、オフィシャル・サイト(Avicii.com)に長文の声明を掲載し、ファンやチーム、家族らに感謝の言葉を述べた後、「2016年のものを最後のツアー、最後のショウにすると決めた」と告げた。

彼には、他にもやりたいことがたくさんあり、しばらく悩んでいたようだ。「僕が歩んできた道は成功に満ちていたけど、平坦だったわけじゃない。アーティストとして成長すると同時に大人にもなった。自分をもっとよく知るようになり、人生でやりたいことがいっぱいあるって気づいたんだ。いろんな分野に強い関心を持っているけど、それを探求する時間がほとんどない」

「2週間前、ものごとを新しい方法で見たり考えたりするために、友達やチームと車でアメリカを横断したんだ。しばらく悩んでいたことだけど、僕は変化する必要があるって実感させてくれた」

「成功したことにより与えられたチャンスや快適さには感謝しているけど、僕のこれまでの選択やキャリアは、決して、物質的な欲求により駆り立てられたものではない。世界中を旅しパフォーマンスできるなんて、僕はラッキーだってわかってはいるけれど、アーティストの裏側にある実在の人間としての人生にはほとんど何も残っていない」

「でも、音楽を手放す気は全くない。それを通じファンに語り続けるつもりだ。でも、2016年のものを僕の最後のツアー、最後のショウにすると決めたんだ。華々しいものにしよう! 僕の一部は、絶対ないとは言えないって思っていて、戻ってくることはあるかもしれない。でも、すぐではない」

アヴィーチーは4月はじめにドバイやバーレーンでプレイした後、ラスベガスで長期公演を開催。夏にヨーロッパでパフォーマンスする。現在のところ、8月終わりまでのライブ日程が発表されている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報