■飽きさせない創りというか
■メロディックでドラマティックな展開

──各曲ができあがるとともにアルバムの概要も固まっていったんでしょうか。

Tak Matsumoto:はい、それである程度固まってきたときに振り返ってみたら『enigma』だったという。

──“enigma”というタイトルは当初からあったんですか?

Tak Matsumoto:いえ、言葉自体はあったんですけど、1曲目の曲を「enigma」にするかどうかはまだ決めてなかった。実際、歌も入っていなかったし、自分自身がアルバムのテーマ的に書き留めていた言葉だけで、最初は歌でそれをはめる考えはなかったんです。最初に歌を入れたのは「Hopes」だったんですけど、そのあと「enigma」にも歌を入れてみようかなと思いましたね。

──「Hopes」は最初から歌モノだったんですか?

Tak Matsumoto:いや、そうじゃなくて全くのインストゥルメンタルで、歌の部分は最初は後ろで鳴ってるスライドギターだけだったんです。「enigma」もそう。でもシンプルなメロディーだったし、自分が書き留めていた言葉がすぐにハマったので……。

──あの歌がまたとてもいいですよね。

Tak Matsumoto:マーク・レンクさんね。いいですよね。

──自分で歌うというアイディアは?

Tak Matsumoto:それはなかったですね。日本語でやるつもりは全然なかったし。

──ライブではいかがですか?

Tak Matsumoto:これに重ねて僕も少し歌うかもしれないですね。

──松本さんの声とのハマりもよさそうですけど。

Tak Matsumoto:どうですかね? まだやってみないとわかんないけど。

──『enigma』をひっさげてのツアーも楽しみですね。

Tak Matsumoto:そうですね。このアルバムのツアーなのでほとんどの曲は演るつもりです。

──前作ではファイヤーバードに固執していたという話がありましたが、今回はレスポールにファイヤーバード、フライングVもけっこう使っているようですね。

Tak Matsumoto:前回はクリーントーンをファイヤーバードでやることがこだわりのひとつでしたけど、今回はもう自由に、そのときにいいものを使うという感じで。

──ハードなプレイにはフライングVが多用されているようで。

Tak Matsumoto:フライングVは本当にいいんですよ。どの曲も何本か弾いて録音してから、客観的に聴いてみてどれでいくかを決めるんですけど、その中でフライングVはかなり勝ち残りました。

──SGはスライドプレイで使っているみたいですね。

Tak Matsumoto:スライドは……レスポール・スタンダードって書いてある1961年製のSGですね。

──サウンドも楽曲もアルバムの流れもいい作品に仕上がったということですね。

Tak Matsumoto:そうですね。納得のいくものができたと思います。

──今作ではディミニッシュはもとより、オーギュメントやホールトーン・スケールが多用されていますね。

Tak Matsumoto:自分の中でそれがわりと流行りなのかな。

──ギターキッズには刺激的に聞こえると思います。

Tak Matsumoto:そうですか。

──僕らがマイケル・シェンカーから学んだように、松本さんから学べることがたくさんありそうです。

Tak Matsumoto:いやいや、僕じゃなくてマイケル・シェンカーから学んだほうがいいですよ(笑)。

──何を言ってるんですか(笑)。ツアーも楽しみにしています。

Tak Matsumoto:今回は武道館と大阪城ホールという大きい会場があるので、インストゥルメンタルのショーとして面白いことをやりたいなと思いますね。

──どんなライブになりそうですか?

Tak Matsumoto:音楽だけじゃなく、ライティングと映像をいろいろ考えています。今まさにそれのやりとりをしているところで。

──それは、自分も楽しみですね。

Tak Matsumoto:そうですね。アルバムのほうは飽きさせない創りというか、非常にメロディックでドラマティックな展開になっていますので、そのへんはぜひ聴いていただければと思います。ライブのほうはこれを中心に、ライブ、コンサートというよりは、インストゥルメンタルの演奏会みたいな感じかな。そのへんもぜひ観に来てくださればと思います。

取材・文◎BARKS編集長 烏丸哲也

■ニューアルバム『enigma』

2016年4月6日リリース
【初回限定盤(CD+DVD)】BMCS-8006 \4,630 (税抜) \5,000 (税込)
【初回限定盤(CD+Blu-ray)】BMCS-8007 \4,630 (税抜) \5,000 (税込)
【通常盤(CD)】BMCS-8008 \2,593 (税抜) \2,800 (税込)
01.enigma
02.Vermillion Palace(TBS系テレビ「世界遺産」メインテーマ)
03.Step to Heaven
04.Ups and Downs(「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」イメージソング)
05.Rock The Rock
06.Drifting
07.The Voyage
08.Hopes
09.Under The Sun
10.Dream Drive
11.The Rock Show
12.Roppongi Noise
13.Mystic Journey(TBS系テレビ「世界遺産」エンディングテーマ)
14.enigma ~epilogue~
<Bonus Track>
#1090 ~Million Dreams~(テレビ朝日系「ミュージックステーション」テーマソング)

<特典DVD・Blu-ray>Tak Matsumoto LIVE 2014 -New Horizon- at BLUE NOTE TOKYO
01.New Horizon
02.Take 5
03.BLUE
04.華
05.Tokyo Night
06.Shattered Glass
07.学生街の喫茶店
08.Island of peace
09.That's Cool
10.月のあかり
11.Reason to be…
12.GO FURTHER
13.#1090
14.The Moment
15.Rodeo Blues

■ライブツアー<Tak Matsumoto Tour 2016 -The Voyage->

4月16日(土) 名古屋 ダイアモンドホール
4月19日(火) 福岡 DRUM LOGOS
4月24日(日) 大阪 大阪城ホール
4月27日(水) 札幌 サッポロファクトリーホール
5月07日(土) 東京 日本武道館
http://houseofstrings.jp/tour/

■<Tak Matsumoto “Special Live” >

2016年5月2日(月)開場18:00 / 開演19:00
Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE(マウントレーニアホール渋谷)
http://www.pleasure-pleasure.jp/
応募締切:2016年4月11日(月)23:59
【 応募方法に関して 】
※アルバム「enigma」に封入の『応募抽選カード』に記載されている方法で締切までにご応募ください。
※『応募抽選カード』は【初回限定盤 CD+DVD / CD+Blu-ray】【通常盤 CD】いずれにも1枚封入されています。
※『応募抽選カード』1枚につき、1回限りの応募となります。

◆【松本孝弘『enigma』ギターREC機材紹介】へ

◆インタビュー(2)へ戻る
◆インタビュー(1)へ戻る

◆松本孝弘オフィシャルサイト
◆B'z オフィシャルサイト