シカゴ「ピーター・セテラは歌わないとしても来るべきだった」

twitterツイート

シカゴが金曜日(4月8日)、ロックの殿堂入りを果たした。セレモニーでは、1990年に脱退したオリジナル・ドラマー、ダニー・セラフィンは出席したが、告知されていた通り、ピーター・セテラの姿はなかった。彼とのリユニオンを望んでいたロバート・ラムは「残念だ」と話している。

◆ピーター・セテラ画像

セテラは1月初め、再結成に前向きで「セレモニーで一緒に「25 or 6 to 4」をプレイしよう」とメンバーへ宛てた手紙を公開したが、その後、主催者から別の曲をプレイするよう提案され、納得できる結果が得られなかったため、セレモニーには出席しないと発表していた。

ラムは『Rolling Stone』誌のインタビューでこう話した。「ディープ・パープル(デイヴィッド・カヴァデールとグレン・ヒューズ)はプレイしなくなったのに、バンドとステージに立ち、この栄誉を受け入れた。名誉なことなんだから、そうすべきだった。もしピーターが歌いたくない、もしくはプレイできない、歌えないとしても、なんであれ、少なくとも彼は、僕らとステージに上がることはできた。彼は間違いなく、それに値する。残念だと思うよ」

シカゴは、セレモニーでセラフィンも参加し、「Saturday In The Park」「Does Anybody Really Know What Time It Is?」「25 or 6 to 4」をパフォーマンスした。セテラが望んだ曲も演奏されたが、セテラはキーをAからEに変更したがり、バンドはそれを望まなかったと伝えられている。

シカゴの殿堂入りは、マッチボックス・トゥエンティのロブ・トーマスが務め、彼は「Does Anybody Rally Know What Time It Is?」のパフォーマンスにも参加した。

Chicagoさんの投稿 2016年4月8日


Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報