カニエ・ウェスト、2月に発表した新作がようやく全米1位

twitterツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、カニエ・ウェストの『The Life Of Pablo』が初登場で1位に輝いた。

◆カニエ・ウェスト画像

同作は2月、カニエが共同オーナーに名を連ねるストリーミング・サービスTidal独占でリリースされたが、TidalはNielsen Musicにセールスを報告していないため、これまでオフィシャル・チャートに入ることはなかった。最近ようやく、別のストリーミング/ダウンロード・サービスやカニエのサイトで発売されたことにより、今週初めてチャート・インした。

カニエのアルバムは、デビュー作『The College Dropout』は最高位2位だったが、それ以降、この『The Life Of Pablo』を含む7枚のスタジオ・アルバム全てが初登場で全米1位を獲得している。

カニエは『The Life Of Pablo』をリリースした直後(2月終わり)、夏にもう1枚ニュー・アルバムを発表すると話しており、間もなくまたカニエ・フィーバーが巻き起こりそう。いろいろな面で…。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報