シンディ・ローパー、ハリウッドに星が誕生

ツイート

ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにシンディ・ローパーの名が刻まれた。月曜日(4月11日)セレモニーが開かれ、彼女の友人でオジー・オズボーンの奥方シャロンがプレゼンターを務めた。

◆シンディ・ローパー画像

ポップ界の大御所とも呼べる存在のシンディではあるが、ミュージカルへの貢献が評価されたという。同時に、シンディの隣に設置されたトニー賞受賞者の俳優・脚本家ハーヴェイ・ファイアスタインの星もお披露目された。

長年の友人である2人は、ミュージカル『Kinky Boots』で共作(シンディ音楽、ファイアンスタイン原作)した。同作はトニー賞で最優秀ミュージカルに輝き、シンディは賞最優秀オリジナル・スコアを受賞。同部門初の女性受賞者となった。サウンドトラックはグラミー賞(2014年)の最優秀ミュージカル・シアター・アルバムを受賞している。

シャロンは、シンディを「多くの名作を生み出したソングライター、素晴らしいパフォーマー。シンディ・ローパーのサウンドは誰とも違う。彼女だってすぐわかる。彼女はトゥルー・オリジナルよ。彼女は生まれたときから自分のスタイルを持ち、オリジナルであり続けている」と称賛した。

2人の星は今週から『Kinky Boots』を上演するPantages Theaterの前に設置された。シンディはTwitterやインスタグラムに写真を投稿し、「記念すべき日!!」「なんて名誉なの!!」とコメントしている。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報