【短期連載】佐々木亮介 (a flood of circle) のTHE BLUE TOUR DIARY_第4回『クリオネちゃんvsウェルカム装置@盛岡the five』

ツイート


the five moriokaというライブハウスで演奏した。ビルの3階にあるのに、the five。

◆a flood of circle (2016.4.10@盛岡the five) 画像

その心は……江戸時代、盛岡は旅行者の往来が少ない土地柄もあって、一の字型の真っすぐな町づくりでは商業が発展しなかった。そこで城下町を複雑な“五”の字型に造ることによって人の往来を生み出して発展していったらしい。歴史のある町を誇りに思いつつ、今もっと盛岡が盛り上がるように、という願いが込められた名前が“the five”。シンプルだけど良い名前。



とまあ、そんなことは微塵も知ることなく、ただありったけ盛岡での演奏を楽しんだ。

この日のMCの流れから何故か、姐さんのあだ名が「クリオネちゃん」に決まった。……え、どういうこと?と思うでしょうがMCの詳細を打ち明けるのも野暮なので割愛。打ち上げの宴もたけなわになった頃、泥酔した姐さんから「クリオネちゃんってあだ名、わかってるやん~と思ったで~」って嬉しそうに言われて。過去に「声がクリオネみたいに可愛いね」と言われた経験があるとのこと。……え、どういうこと?って思ったし、今も思っている。



the five moriokaや盛岡Club Changeといった盛岡のライブハウスや、<いしがきミュージックフェスティバル>のドンである黒さんと話し込んだ。「お前はウェルカム装置なんだ」と言われた。別れは多くても良い出会いに恵まれる“ウェルカム装置”。転がり続けていろんなものを受け入れて巻き込んでやってきた奴だし、だからもっと行けるよ、って。色んなあだ名が生まれる町、盛岡。ああ、今更初めて冷麺食った。またくるよ。



Tシャツの裏話。

<THE BLUE TOUR>のTシャツを作ろうと思った時に、デザインは手書きのフライヤー(“チラシ”を格好良く言うとこうなる)を意識したものにしたいって考えた。実物を見てもらうと、バンドTシャツの大定番であるあのソニック・ユースの『GOO』Tシャツの膨大なパロディのうちの一つだと思われるかも知れない(最近だとテイラー・スウィフトもやっているみたい)。『GOO』があまりにも有名だけどあのテイストは80年代後半~90年代初頭のオルタナティブなバンドのデザインには沢山あったようで、ラフな手書きのフライヤーをそのままTシャツに転写したデザインも多い。例えばフガジのリキテンスタイン風の線で絵が書いてあるものや、本当にただの落書きだろこれ!と突っ込まざるを得ないニルヴァーナのもの等、探せば色んなものが出てくる。ソニック・ユースにもそういったデザインのものがあるしね。

で、何故フライヤー風デザインが良いと思ったかって言うと、『THE BLUE』をリリースした日に渋谷のタワーレコードで開催した『THE BLUE展』という10周年の企画展示の時に、過去の物を掘り返していたら、自分がバンド始めたての時に手書きしてたフライヤーを見つけてね。レーベルも事務所もなんにもない頃のさ。それで何となく、10年分のセットリストを演奏するこのツアーのデザインに、自分の手書きの雰囲気を活かしたくなった。特別器用な図柄じゃなくても良くて、自分らしいけどまだ作ったことのないもの、が出来そうに思えた。自分の絵の感じとフライヤー風デザイン自体の相性が良いと思ったわけ。



マネージャーが白と黒のボディを勧めてくれて、でもやっぱり“青く塗れ”ってツアーだしさ、青いボディも作りたくて無理言って作ってもらった。だから実は、青の方が数は少ない。まあ何色でも、大事に作ったし、気に入ってくれたら嬉しい。バンドTシャツってボロくなってからが本領発揮の味になると思うから、作り手としてはガンガン着てほしいすね。デザインをまとめてくれたDOCAN! Kohtaさんに感謝。

16/04/10 13:10 Apple Musicがやたらと推挙してくる「ワーク・アウトのためのヒップホップ」だの「60分ランのためのインディ・ロック」だのを再生しながら (運動しろ、ってことか?)

佐々木亮介

<AFOC 10th Anniversary“THE BLUE TOUR -青く塗れ!-”>

4月02日(土) 千葉LOOK  open 17:30 / start 18:00
4月03日(日) 水戸LIGHT HOUSE  open 17:30 / start 18:00
4月09日(土) 郡山HIPSHOT JAPAN  open 17:30 / start 18:00
4月10日(日) 盛岡the five morioka  open 17:30 / start 18:00
4月14日(木) 金沢vanvanV4  open 18:30 / start 19:00
4月15日(金) 新潟CLUB RIVERST  open 18:30 / start 19:00
4月17日(日) 長野J  open 17:30 / start 18:00
4月22日(金) 宇都宮HEAVEN’S ROCK VJ-2  open 18:30 / start 19:00
5月01日(日) 岡山PEPPER LAND  open 17:30 / start 18:00
5月03日(火) 鹿児島SR HALL  open 16:30 / start 17:00
5月05日(木) 大分club SPOT  open 16:30 / start 17:00
5月07日(土) 松山Wstudio RED open 16:30 / start 17:00
5月08日(日) 高松DIME  open 16:30 / start 17:00
5月13日(金) 札幌cube garden  open 18:30 / start 19:00
5月15日(日) 仙台CLUB JUNK BOX  open 17:30 / start 18:00
5月19日(木) 高知X-pt.  open 18:30 / start 19:00
5月21日(土) 広島SECOND CRUTCH  open 17:30 / start 18:00
5月22日(日) 大阪なんばHatch  open 17:00 / start 18:00
5月27日(金) 名古屋DIAMOND HALL  open 18:00 / start 19:00
5月29日(日) 福岡CB  open 17:30 / start 18:00
6月04日(土) 新木場STUDIO COAST  open 17:00 / start 18:00
6月11日(土) 沖縄Output  open 17:30 / start 18:00
6月12日(日) 沖縄Output  open 17:30 / start 18:00
チケット料金:¥3,500(+税)
※5/3~5/8公演はSCOOBIE DOとのWヘッドライナー

◆【短期連載】佐々木亮介 (a flood of circle)のTHE BLUE TOUR DIARY 特集ページへ
◆a flood of circle オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス