リア・ドウ、日本デビュー

twitterツイート

北京出身、香港/LA育ち、19歳のシンガー・ソングライターLeah Dou(リア・ドウ)が、EP『My Days EP』4月27日配信デビューを果たす。

◆リア・ドウ映像&画像

リア・ドウは、アジア1の音楽セレブといわれる一家に生まれた。彼女の母親は中華圏の90年代最高の女性シンガーフェイ・ウォン、父親は北京ロックを支えたミュージシャン、ドウ・ウェイである。

幼少のころから音楽に親しみ15歳の時にInterlochen Arts Academyに留学、自らギターを手にソングライティングを手掛けるようになったという。父と母の才能を受け継ぎ、さまざまな国の様々な文化に触れて育ったリアはすぐにその音楽/作詞への才能を開花させた。ロンドンやLAでレコーディングをし、アルバムリリース前にして、すでに北京、また香港最大の音楽フェスティバル<Clockenflap 2015>へ出演を果たしている。日本への留学経験もあるようだ。

2016年3月には中国広東省で行われた第3回QQミュージックアワードで「新人賞」と、前年の音楽界の話題をさらった人物に贈られる「年度熱捜歌手賞」を受賞し、大きな注目を浴びている。

独自のみずみずしい感性で紡がれるその歌詞の世界観は、言葉の壁を越えて、同世代はもとより幅広い世代へ訴えかけるものがある。独自の視点への戸惑いとその気持ちへの肯定感を「私の日々と時へ連れてって ここに残る必要はもう何も感じない 私は違う風に夢を見るの」と歌ったデビューEP表題曲の「My Days」や、世の中の秩序からの解放をうたった「Brother」など、ぜひその作品に触れてみて欲しい。




デビューEP『My Days EP』

UICY-5132 \1,200(税抜)
2016年4月27日発売予定
1.My Days
2.River Run
3.Brother
4.My Days(instrumental)
5.River Run(instrumental)
6.Brother(instrumental)
https://itunes.apple.com/jp/album/my-days-ep/id1100206876?at=10l3PY

◆リア・ドウ・オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報