30周年を迎えるSIONの変わらぬパワー

ツイート


6月21日でちょうど30周年を迎えるSIONが、4月15日(金)に全国ツアー<SION&The Cat Scratch Combo Tour 2016>のファイナル公演を新宿LOFTで開催した。

◆ライブ画像

“The Cat Scratch Combo”は、ザ・グルーヴァーズのギタリストでもある藤井一彦を中心とし、清水義将(ベース)、相澤大樹(ドラムス)からなる3ピースバンドだ。この編成によるツアーは約2年振りとなる。

この日のステージは、SION&The Scratch Comboのライブではおなじみのナンバー「住人」からスタート。藤井のエッジの効いたギターが、SIONのパフォーマンス、歌声を一層際立たせる。新旧織り交ぜたセットリストが続く中、最新アルバムに収録の「ONBORO」からラストスパートが始まり、会場中が声をそろえた「新宿の片隅から」~「マイナスを脱ぎ捨てる」まで、本編では全19曲が演奏された。




アンコールでは「Happy」「Hallelujah」を披露するも、鳴りやまぬダブルアンコールに応えて再びステージへ。デビュー曲「俺の声」を披露すると、会場中に手を高々と挙げてSIONと共に歌うファンの声が溢れ、その高まりはラストの「お前の空まで曇らせてたまるか」でピークに。ほぼMCなしで全23曲を歌い切った彼の、変わらぬパワーを感じさせてくれるツアー・ファイナルとなった。




さらにこの日は、30周年を記念したオールタイム・ベスト『30th milestone』が6月22日(水)にリリースされることがレーベルサイトで発表された。LPサイズのスペシャル・ケース(シリアルナンバー付)に入った30周年記念限定盤とCD2枚組の通常盤の2形態で同時リリースされる。限定盤には貴重な音源を収録した特典CDと、特典DVDが付いて3CD+1DVDという形態になる予定だという。さらにレアな写真が満載のLPサイズ・ブックレットが封入。価格や収録曲目などの詳細は、4月21日(木)にテイチクエンタテインメントのホームページで発表されるとのこと。

そして、ツアーを終えたばかりだが、SION & The Cat Scratch Combo は4月30日(土)に<ARABAKI ROCK FEST.16>に出演することが決定している。さらに8月11日(木・祝)には、夏の風物詩ともなった恒例の日比谷野外音楽堂での公演<SION-YAON 2016 with THE MOGAMI ~Major Debut 30th Anniversary~>も行われる。

Photo by 麻生とおる

ライブ情報

<ARABAKIROCK FEST.16>
2016年4月29日(金・祝)、30日(土) みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく
チケット:3月6日(日)10:00~ 一般発売
問い合わせ:チケットGIP TEL:022-222-9999

<SION-YAON 2016 with THE MOGAMI ~Major Debut 30th Anniversary~>
2016年8月11日(木・祝) 日比谷野外大音楽堂 ※雨天決行
開場 17:00 / 開演 18:00
出演:SION with THE MOGAMI(池畑 潤二 / 細海 魚 / 藤井 一彦 / 清水 義将)
問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION TEL:03-5720-9999
オフィシャルHP:http://mars-music.jp/
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス