【短期連載】佐々木亮介 (a flood of circle) のTHE BLUE TOUR DIARY_第6回『コーン…軍艦…?@新潟CLUB RIVERST』

ツイート


赤黒の市松模様の床が特徴の新潟CLUB RIVERSTに到着すると、早速なべちゃんがキョウスケに巻き煙草の作り方を伝授し始める。巻き方で味が変わるらしい。

◆a flood of circle (2016.4.15@新潟CLUB RIVERST) 画像

CLUB RIVERSTの楽屋は馴染みがあるからか、いつもリラックスした空気が流れている気がするな。姐さんは爪を濃いブルーに塗り直している。俺はPJハーヴェイの「Community Of Hope」のビデオ(途中で素敵な演出があるビデオだ)を何度も再生する。なんてフレッシュな歌声なんだろう。長年続けて熟成されながらも常にフレッシュであるというのはほとんど神業のような気もするけれど、続ける限りは自分なりにそうありたい。


リラックスしながらも、だんだんライブへのエンジンをかけて行く。リハーサルで、セットリストに入れていない曲も演奏した。少しづつウォーミング・アップするみたいに、じっくり曲を育ててる。ツアーを進めながら、バンドは確実に次の段階に突入しようとしている。

新潟には“東横”という旨いラーメン屋がある。ツアー・バンド御用達らしい。最初に知ったのは、2009年夏からサポート・ギターを請け負ってくれた奥村大さんが教えてくれたからだった。大さんとは今でもなんだかんだ毎年末に下北沢で会っていて、年越しの後に会って大さんに近況報告をすると、それが短い時間だとしても、また新しい年を始めるんだと背筋が伸びるんだよな。

大さんが与えてくれた影響は、もちろんラーメン屋選びについての見識だけじゃない。まず楽曲制作にも大きく関わっている。大さんのギターは、ゲスト・ギタリストを招いて制作した『PARADOX PARADE』というアルバムの中の「博士の異常な愛情」「Ghost」「水の泡」の3曲で聴くことが出来るんだけど、どの曲においても最高のファズ・サウンドが聴ける。ファズというのは平たく言うと“めっちゃくちゃに歪んでいる音”なんだけど、音をぶっ潰してる音だから普通にエフェクターを踏んだだけでは埋もれてしまいやすいもので。でも大さんのサウンドは……何もかも飛び越えて耳に突き刺さる感じ。でも痛さはなくて、むしろ暖かみさえ覚える音。

プレイ・スタイルにも影響がある。アルバム中、唯一「月に吠える」という曲にはゲスト・ギターが参加していなくて、初めて自分で単独のギター・ソロを録音して、それはシンプルなリックを繋いで作ったソロなんだけど、大さんがすごく気に入ってくれてね。「これが出来るならもっとギター・ソロ弾けば良いじゃん」って。今でこそギター・ソロを自分で録音するのは当たり前になったけど、おかげでソロを弾くことやフレーズを構築していくことの楽しさを知ったように思う。定番のフォーマットをいかに壊すか、いかに爆発するか。そういうことにこだわるようになった。



新潟での「博士の異常な愛情」はとても良いノリが生まれた。「花」のギター・ソロも根性入れて弾いた。最新の曲を作って演奏する、たったそれだけのことに辿り着くのにたくさんのストーリーが繋がっているのを感じながら。写真はバンドをとても大事にしてくれるCLUB RIVERSTのスタッフ・チームと。


俺達はバラバラの出自を持つバンドだ。ついさっき新潟から長野に向かう道中で回転寿司屋に入ったんだけど、いやー、見事に趣味が合わないね。姐さんは高級な皿ばっかり狙うし、キョウスケは卵を二皿も食べるし、なべちゃんにいたってはマヨネーズ和えのコーン軍艦……そんなの初めて聞いたぜ……ただ音楽の元に集まるときだけは同じものを共有している。

例えば北陸のツアーでは、メンバー4人ともドクター・マーチンのブーツを履いていた。靴紐の結び方に性格が表れている気がするね。ドクターマーチンが好きなのは、一回馴染むと自分だけの形になるところ。まだまだ行ける。


16/04/16 14:24 バディ・ガイとジュニア・ウェルズの「Bad Bad Whisky」を聴きながら

佐々木亮介

<AFOC 10th Anniversary“THE BLUE TOUR -青く塗れ!-”>

4月02日(土) 千葉LOOK  open 17:30 / start 18:00
4月03日(日) 水戸LIGHT HOUSE  open 17:30 / start 18:00
4月09日(土) 郡山HIPSHOT JAPAN  open 17:30 / start 18:00
4月10日(日) 盛岡the five morioka  open 17:30 / start 18:00
4月14日(木) 金沢vanvanV4  open 18:30 / start 19:00
4月15日(金) 新潟CLUB RIVERST  open 18:30 / start 19:00
4月17日(日) 長野J  open 17:30 / start 18:00
4月22日(金) 宇都宮HEAVEN’S ROCK VJ-2  open 18:30 / start 19:00
5月01日(日) 岡山PEPPER LAND  open 17:30 / start 18:00
5月03日(火) 鹿児島SR HALL  open 16:30 / start 17:00
5月05日(木) 大分club SPOT  open 16:30 / start 17:00
5月07日(土) 松山Wstudio RED open 16:30 / start 17:00
5月08日(日) 高松DIME  open 16:30 / start 17:00
5月13日(金) 札幌cube garden  open 18:30 / start 19:00
5月15日(日) 仙台CLUB JUNK BOX  open 17:30 / start 18:00
5月19日(木) 高知X-pt.  open 18:30 / start 19:00
5月21日(土) 広島SECOND CRUTCH  open 17:30 / start 18:00
5月22日(日) 大阪なんばHatch  open 17:00 / start 18:00
5月27日(金) 名古屋DIAMOND HALL  open 18:00 / start 19:00
5月29日(日) 福岡CB  open 17:30 / start 18:00
6月04日(土) 新木場STUDIO COAST  open 17:00 / start 18:00
6月11日(土) 沖縄Output  open 17:30 / start 18:00
6月12日(日) 沖縄Output  open 17:30 / start 18:00
チケット料金:¥3,500(+税)
※5/3~5/8公演はSCOOBIE DOとのWヘッドライナー



◆【短期連載】佐々木亮介 (a flood of circle)のTHE BLUE TOUR DIARY 特集ページへ
◆a flood of circle オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス