スカパラのライブにさかなクン登場。バスサックスに「大きなブリちゃんを抱えてるような感じです」

ツイート

東京スカパラダイスオーケストラが、2015年10月から2016年2月まで行なった全国ツアーの特別追加公演<「叶えた夢に火をつけて燃やす」特別追加公演“乱れ咲き花ふぶき~春の京都~”>を4月14日と15日、京都ロームシアターで敢行。CMでのスカパラとのコラボが話題となった、さかなクンがスペシャルゲストとして登場した。

オフィシャルによるライブレポートで、この模様をお届けしよう。


本ツアーではお馴染みの、テナーサックスGAMOが講釈師となりスカパラメンバーを1人づつ紹介。定式幕が開くと共に演奏がスタートし、1曲目は「Paradise Has No Border」。キリン氷結のCMソングとして、さかなクンとのセッションでも話題となったスカパラの新曲。中盤、スカパラメンバーのソロ演奏が続く中、テナーサックスのGAMOが「いきなりのスペシャルゲストを紹介します! さかなクン~!!!」とさかなクンが黒のスーツでバスサックスを持って登場。観客の歓声が序盤から最高潮に。「Paradise Has No Border」の印象的なフレーズをさかなクンが吹いていく。曲が終了するやいなや、さかなクンは敢えなく退場。いきなり1曲目のみの登場かと思いきや、ライブ中盤でドラム茂木欣一がさかなクンを呼び込みトークを展開。さかなクンがこの時着用してきた衣装は、さかなクンお馴染みの白衣姿になんとスカパラメンバー1人1人を魚に例えたイラストが描かれた白衣。もちろんさかなクン自身によるイラストだ。ベースの川上がカツオに扮していたり、スカパラのロゴの富士山がサメに代わっていたりと、メンバーもステキなサプライズに驚きを隠せない。


「さかなクンは勘違いがきっかけで楽器を始めたんだよね?」と茂木。さかなクンは「中学生の時、友達に吹奏楽部を見に行こうと誘われて、どんなすごい“水槽”があるのかなと見に行ったら吹奏楽部だったんです。でもそこから楽器の魅力にどんどん魅かれていっちゃいました~! そこからスカパラさんの音楽にあこがれる様になったんです。この勘違いがきっかけで今回スカパラさんとギョラボレーションする事が出来たので、勘違いも悪くないですね~。」とコメント。さらに「自分のバスサックスという楽器はとても低い音が出る楽器で、8kgもあるんです。大きなブリちゃんを抱えてるような感じです。大漁だぁ~!」と、さかなクンお馴染みの魚知識を交えながら、観客の笑いを誘った。

「一緒にいられるだけで本当に幸せだよ! もう1曲一緒にやりたいと思います!」と茂木の一言で始まった曲は、さかなクンのリクエスト曲だというスカパラの楽曲「ホールインワン」さかなクンのバスサックスの裏打ちや、この曲ではお馴染みの掛け声「ホールインワン!」を「ギョ~ルインワン!!!」と、さかなクンならではの掛け声に会場は爆笑と歓声の渦に。さかなクンは前日の初日にも登場し、計2日間の公演を大いに盛り上げた。

この後、スカパラは休むことなく5月2日から<道なき道を行く>ツアーに突入する。




関連画像・リンク

◆BARKSライブレポート
この記事をツイート

この記事の関連情報