ポール・マッカートニーの公演にクリス・ノヴォセリックがゲスト出演

ツイート

日曜日(4月17日)、米シアトルで開かれたポール・マッカートニーの公演に、元ニルヴァーナのクリス・ノヴォセリックがゲスト出演した。

◆ポール・マッカートニー画像

この日、公演を訪れていたノヴォセリックは、オーディエンス席から随時、映像をTwitterに投稿し、ポールのパフォーマンスを実況中継していたが、アンコールでステージに上がり、彼とザ・ビートルズの曲「Helter Skelter」をパフォーマンスした。

彼らは2012年、デイヴ・グロールやパット・スメアと一緒にチャリティー・コンサート<the 12.12.12 benefit>やTV番組『Saturday Night Live』(2012年)で共演。ノヴォセリックとスメアは、2013年7月に同じくシアトルで開かれたポールの公演にもゲスト出演している。

毎晩違うポールの<One on One>ツアー、3日目米シアトル公演のセットリストは以下の通り。

1.A Hard Day's Night(ザ・ビートルズ)
2.Save Us
3.Can't Buy Me Love(ザ・ビートルズ)
4.Letting Go(ウイングス)
5.Temporary Secretary
6.Let Me Roll It(ウイングスwith 'Foxy Lady' outro)
7.I've Got a Feeling(ザ・ビートルズ)
8.My Valentine
9.Nineteen Hundred and Eighty-Five(ウイングス)
10.Here, There and Everywhere(ザ・ビートルズ)
11.Maybe I'm Amazed
12.We Can Work It Out(ザ・ビートルズ)
13.In Spite of All the Danger(ザ・クオリーメン)
14.You Won't See Me(ザ・ビートルズ)
15.Love Me Do(ザ・ビートルズ)
16.And I Love Her(ザ・ビートルズ)
17.Blackbird(ザ・ビートルズ)
18.Here Today
19.Queenie Eye
20.New
21.The Fool on the Hill(ザ・ビートルズ)
22.Lady Madonna(ザ・ビートルズ)
23.FourFiveSeconds
24.Eleanor Rigby(ザ・ビートルズ)
25.Being for the Benefit of Mr.Kite!(ザ・ビートルズ)
26.Something(ザ・ビートルズ)
27.Ob-La-Di, Ob-La-Da(ザ・ビートルズ)
28.Band on the Run(ウイングス)
29.Back in the U.S.S.R.(ザ・ビートルズ)
30.Let It Be(ザ・ビートルズ)
31.Live and Let Die(ウイングス)
32.Hey Jude(ザ・ビートルズ)
アンコール
33.Yesterday(ザ・ビートルズ)
34.Hi, Hi, Hi(ウイングス)
35.Birthday(ザ・ビートルズ)
36.Helter Skelter(ザ・ビートルズ with クリス・ノヴォセリック)
37.Golden Slumbers(ザ・ビートルズ)
38.Carry That Weight(ザ・ビートルズ)
39.The End(ザ・ビートルズ)


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報