ポール・サイモン「サイモン&ガーファンクルの再結成、問題外」

twitterツイート

ガンズ・アンド・ローゼズが再結成したくらいなので、この先何が起きるかはわからないが、とりあえず今のところ、サイモン&ガーファンクルのリユニオンはないそうだ。

◆ガンズ・アンド・ローゼズ画像

『Rolling Stone』誌のインタビューで、再結成の可能性について問われたサイモンは「ない、問題外だ。僕ら、話すことさえない」と答えたという。

アート・ガーファンクルは1年前、学生時代、背の低いサイモンを可哀そうに思い友人になったが、その愛や友情が「モンスターを創り出した」とか、1970年人気絶頂のとき解散したことに納得できず、「アンチ・ポール・サイモンなことは言いたくないが、栄光を楽しまず、それに背を向けるなんてひねくれている。クレイジーだ」などと話し、サイモンをバカ者と呼んだ。それでも、ガーファンクルは再結成を望んでおり、「僕は“いいんじゃないか、2人が生きている間に?”って思うよ。でも、僕はもう何十年も同じところにいる。1971年と同じ場所だ」と言っていた。

この発言はサイモンの耳にも届いただろうから、ますます溝が深まってしまった可能性は高い。

ポール・サイモンは6月に、5年ぶりとなるニュー・アルバム『Stranger To Stranger』をリリースする。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報