デジタル一眼レフカメラのアクセサリーシューに装着できるショットガンマイク一体型リニアPCMレコーダー

twitterツイート

ティアックは、ショットガンマイク一体型カメラ用リニアPCMレコーダー「DR-10SG」をTASCAMブランドで5月下旬より発売する。

「DR-10SG」は、デジタル一眼レフカメラのアクセサリーシューに装着できるショットガンマイク一体型リニアPCMレコーダー。マイク部は超指向性タイプ(スーパーカーディオイド)採用で、被写体の音を狙って収録することが可能。フローティング構造、カメラやレンズから距離ととることで物理的にノイズを軽減するノイズアイソレーションアームによりハンドノイズやレンズの動作ノイズを低減できるのもポイントだ。

本体は110gと軽量かつコンパクトな設計で、カメラの機動性を損なうことなく使用可能。カメラ側にもDR-10SGの音声を入力できるCAMERA OUT端子を搭載するのもうれしいところ(CAMERA OUTCOMEはヘッドホン端子と兼用)。カメラのマイク入力に接続して適切な音量が得られる専用のアッテネートケーブルも付属する。動画ファイルとの位置合わせを用意にするスレートトーン機能ももちろん搭載する。


▲ノイズ源からマイクを離すことができるノイズアイソレーションアームが付属(左)。単4形電池1本で約8.5時間連続駆動が可能(アルカリ電池使用時)。

オートレベル機能やリミッター機能など、録音レベル設定によるトラブルを防止する機能を搭載。異なるレベルで2系統の同時録音を行うことができるデュアル録音機能など、TASCAMのレコーダーでおなじみの機能も多数用意する。あわせてシーンに合わせて使い分けが可能な4つのEQプリセットを搭載し、セッティングの面でも機動性を発揮する。電池が切れる前に収録中のデータ消失を回避する自動ファイルクローズ処理も特徴の1つだ。

本体は電池を含めても110gと、小型かつ軽量。単4形電池1本で約8.5 時間連続駆動(アルカリ乾電池使用時)が可能となっている。


製品情報

◆DR-10SG
価格:オープン
発売日:2016年5月下旬

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報