プリンス、急逝。ペイズリーパーク スタジオの自宅で

twitterツイート

プリンスが急逝した。享年57歳。

彼の広報担当者によると、現地時間の4月21日午前、プリンス(Prince Rogers Nelson)が、ミネソタ州チャンハッセン郊外にあるペイズリーパーク スタジオの自宅で亡くなっていることを確認したという。

また現地での報道によると、保安官事務所からの話として、同日9時半過ぎにペイズリーパーク スタジオから緊急通報を受け、エレベーターの中で意識不明の状態のプリンスを発見したという。

プリンスはインフルエンザにかかり、4月7日の公演をキャンセル。また、4月15日にはアトランタでパフォーマンス後、プライベートジェットで移動中に体調が悪化。イリノイ州モリーンの空港に緊急着陸し、病院へ搬送されていた。

本国での所属レーベルであるワーナー・ブラザーズ レコードのサイト( http://www.warnerbrosrecords.com )は、プリンスの画像を掲載して彼を追悼。またバラク・オバマ大統領もSNSを通じて「今日、世界はクリエイティブアイコンを失った。」とプリンスの突然の死去に哀悼のメッセージを発信している。


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報