【短期連載】佐々木亮介 (a flood of circle) のTHE BLUE TOUR DIARY_第8回『俺が許しても俺の…が許さねえ@宇都宮VJ-2』

ツイート


宇都宮HEAVEN’S ROCK VJ-2には長らく世話になっていて、初めて演奏したのはRadio Carolineのツアーに前座として帯同した時だった。

◆a flood of circle (2016.4.22@宇都宮HEAVEN’S ROCK VJ-2) 画像

まだ学校通ってた頃で、「泥水のメロディー」なんかを書いてたんじゃないかな。あの頃の曲はあの頃にしか書けなかったんだなってよく思う。だから昔の曲を演奏すると、未熟さよりもただそれだけにしかない輝きの方を強く感じるんだよ。まあ今は、今の良い曲を書くだけ。

あの夜にどんな曲を演奏したかってことまでは記憶が薄れてしまったけど、レディキャロのライブがすごく格好良かったのは覚えてる。打ち上げでめちゃくちゃに辛いラーメンを食わしてもらったんだけど、レディキャロ先輩は食ってなくて。中でも一番のボスで男前かつ非常に足の長い先輩に「食わないんすか」って聞いたら、「亮介! この辛さを俺が許してもな、俺のケツが許さねえんだよ!」って言われて。一瞬、名言かと思って、そんで次の瞬間にはもう“ん……?”って思ったよね。言えなかったよね。心に刻まれたよね。記憶って以外と美談よりもどうでもいいことばっかり残ってたりするよね。

その後、休止してしまったレディキャロの復活劇は、俺達のアルバム『GOLDEN TIME』のリリース・ツアーへの出演オファーがきっかけだったってことは書いておこう。これは美談じゃない。ただの自慢話です。ウエノさん、パッチさん、シンヤさん。尊敬しているバンドの復活に立ち会えたことが、嬉しかったんす。




他にもFoZZtoneの前ドラマー越川さん最後のライブだとか、SISTER JETとCzecho No Republicとのまるで一昔前の下北沢DaisyBarみたいな対バンだとか、宇都宮HEAVEN’S ROCK VJ-2で思い出せることはいろいろある。でも今回のワンマン・ライブが間違いなく一番良かったね。電車が遅れて大変な人もいたみたいだったけど、大丈夫だったか。また必ず行くから。


洋服と音楽にすごくこだわりを持ってる洋服屋、RUDE GALLERYについて書いてみようと思う。渋谷キャット・ストリートにある店に初めて行ったのは、8年くらい前かな。なべちゃんが元々ルードの洋服のファンで、ライブで着る服かなんかを探しに連れてかれたんだったと思う。その時のラインナップには、トム・ウェイツの「Closing Time」やボブ・ディランの「Subterranean Homesick Blues」がモチーフになったTシャツなんかがあったっけな。それが古臭い感じじゃなくて新鮮に表現されてて、良いなって思った。

プレス(広報、ってことらしい)にハウルさんって人がいて、彼とは『BUFFALO SOUL』の頃からの付き合いなんだけど、本当の兄貴のように思っている。昔は二人で呑むことも多かったし、何かバンドの状況が変わるたびに呑むのに付き合ってくれていて。呑んだら寝落ちしてしまうんでタクシーにぶち込まないといけないというオマケが漏れなく付いてくる人なんだけど……俺をいろんな人と繋げてくれた人でもある。イマイアキノブさんとの最初のセッションも、ルードのイベントだった。イマイさんって人との出会いは本当に物凄く衝撃的だったんだけど……いや、その話はまたいつか。

とにかく、ルードとは縁が続いてるんだ。最近はツアーのアイテムを一緒に作るようになった。今回のツアーTシャツのデザインは、ハウルさんのデザインベースになべちゃんが自分のイメージを足していったもの。黒いボディが白けるくらい沢山着てほしい。ぼろくなってからがバンドTシャツの本領発揮だと思うからさ。出かける前にルードの革ジャンに袖を通して、ルードのとんでもなく細いデニムに足を突っ込んで……それだけで気合い入るよ。




追記)第6回で書いた、リハーサルしながら曲を育てているという話……2月のロンドン・レコーディングで作った新曲のうちの一つなんだ。5月から演奏しようかなって思ってる。すごく良いよ。聴きに来てよ。

16/04/22 14:10 マイケル・キワヌカ「Black Man In A White World」を聴きながら

佐々木亮介

<AFOC 10th Anniversary“THE BLUE TOUR -青く塗れ!-”>

4月02日(土) 千葉LOOK  open 17:30 / start 18:00
4月03日(日) 水戸LIGHT HOUSE  open 17:30 / start 18:00
4月09日(土) 郡山HIPSHOT JAPAN  open 17:30 / start 18:00
4月10日(日) 盛岡the five morioka  open 17:30 / start 18:00
4月14日(木) 金沢vanvanV4  open 18:30 / start 19:00
4月15日(金) 新潟CLUB RIVERST  open 18:30 / start 19:00
4月17日(日) 長野J  open 17:30 / start 18:00
4月22日(金) 宇都宮HEAVEN’S ROCK VJ-2  open 18:30 / start 19:00
5月01日(日) 岡山PEPPER LAND  open 17:30 / start 18:00
5月03日(火) 鹿児島SR HALL  open 16:30 / start 17:00
5月05日(木) 大分club SPOT  open 16:30 / start 17:00
5月07日(土) 松山Wstudio RED open 16:30 / start 17:00
5月08日(日) 高松DIME  open 16:30 / start 17:00
5月13日(金) 札幌cube garden  open 18:30 / start 19:00
5月15日(日) 仙台CLUB JUNK BOX  open 17:30 / start 18:00
5月19日(木) 高知X-pt.  open 18:30 / start 19:00
5月21日(土) 広島SECOND CRUTCH  open 17:30 / start 18:00
5月22日(日) 大阪なんばHatch  open 17:00 / start 18:00
5月27日(金) 名古屋DIAMOND HALL  open 18:00 / start 19:00
5月29日(日) 福岡CB  open 17:30 / start 18:00
6月04日(土) 新木場STUDIO COAST  open 17:00 / start 18:00
6月11日(土) 沖縄Output  open 17:30 / start 18:00
6月12日(日) 沖縄Output  open 17:30 / start 18:00
チケット料金:¥3,500(+税)
※5/3~5/8公演はSCOOBIE DOとのWヘッドライナー

◆【短期連載】佐々木亮介 (a flood of circle)のTHE BLUE TOUR DIARY 特集ページへ
◆a flood of circle オフィシャルサイト
◆青 オフィシャルYouTubeチャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス