Campfire Audio、5ドライバーと2ドライバーの新イヤホン発表

ツイート

Campfire Audio(キャンプファイヤー・オーディオ)から、新たな2モデルが発表された。5ドライバー「ANDROMEDA」と2ドライバー「NOVA」のバランスドアーマチュア搭載の新製品で、いずれも5月末~6月頭頃の発売となる。

◆ANDROMEDA、NOVA画像

Campfire Audioの新たなフラッグシップとなる「ANDROMEDA」は、アンドロメダ銀河のごとく繊細さと壮大さを兼ね揃えたものだという。4ドライバー「JUPITER」と同様に、Resonator assembly(レゾネーター・アセンブリー)と名付けられたチューブレス設計が採用され、JUPITERよりも中域の表現力が改善されており、低域から高域にかけて安定した階調が得られていえるという。

「NOVA(ノヴァ)」は、フルレンジ・ドライバーがタンデムで搭載された2ドライバーモデルで、下位モデルとなるORIONよりも全帯域において余裕感のあるサウンドステージが実現されている。


いずれのモデルも、筐体はアルマイト加工が施されたアルミニウム筐体が使用されている。しています。人間工学に基づかれ設計されたこの筐体は、快適なフィット感を提供し、耐久性、快適さ、デザイン、どれを取っても一流を目指します。使用する部品は、その一つ一つに私達が定める品質水準があり、その水準を満たしたパーツのみを使用しています。付属のIEM ケーブルは、私達がALO audio として作っている高品質IEM ケーブルが付属します。イヤホンからケーブルに至るまで、米オレゴン州ポートランドで確かな技術を持つ職人達により、ハンドメイドで生産されています。

●ANDROMEDA(アンドロメダ)

型番:CAM-4808
UPC:729440684808
発売開始時期:2016年5月末~ 6月上旬頃
定価:OPEN
メーカー希望小売価格(税別):13 万円前後
・イヤホン筐体:アルマイト加工処理アルミニウム筐体
・ドライバー:バランスド・アーマチュア型(BA 型)
・ドライバー構成:5 ドライバー
・感度:115 dB(at 1V, 1 KHz)
・周波数特性:10Hz - 28kHz
・インピーダンス:12.8Ω(at 1kHz)
・採用技術:Resonator assembly( レゾネーター・アセンブリー)
・ケーブル長:約145cm
・イヤホン端子:MMCX 端子
・入力端子:3.5mm ミニ端子
・付属品:ALO audio 製 Ritz Wire Earphone Cable, キャリングケース,
・イヤーチップ( シリコン, フォーム, Comply Tx-400), Cleaning tool

●NOVA(ノヴァ)

型番:CAM-4792
UPC:729440684792
発売開始時期:2016年5月末~ 6月上旬頃
定価:OPEN
メーカー希望小売価格(税別):6 万円前後
・イヤホン筐体:アルマイト加工処理アルミニウム筐体
・ドライバー:バランスド・アーマチュア型(BA 型)
・ドライバー構成:2 ドライバー
・感度:114 dB(at 1V, 1 KHz)
・周波数特性:10Hz - 20kHz
・インピーダンス:22Ω(at 1kHz)
・ケーブル長:約145cm
・イヤホン端子:MMCX 端子
・入力端子:3.5mm ミニ端子
・付属品:ALO audio 製 Ritz Wire Earphone Cable, キャリングケース,
・イヤーチップ( シリコン, フォーム, Comply Tx-400), Cleaning tool
この記事をツイート

この記事の関連情報