ニコニコ生放送に最適! TASCAMからカンタン操作のインターネット生放送向け放送機器「MiNiSTUDIOシリーズ」2機種登場

twitterツイート

ティアックはインターネット生放送向け家庭用放送機器「MiNiSTUDIOシリーズ」をTASCAM(タスカム)ブランドで6月上旬より発売する。TASCAMは4月29~30日に幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2016」に出展、この「MiNiSTUDIO シリーズ」の展示を行う。

「MiNiSTUDIOシリーズ」は、業務用放送機器を手掛けるTASCAMとニコニコ生放送を運営するドワンゴのコラボレーションで誕生した、インターネット生放送用の新しいオーディオインターフェース。誰でも世界に向けた番組放送が楽しめるようになる「家庭用放送機器」だ。

最大の特徴は、インターネット生放送で視聴者を増やすために番組をもっとおもしろくするためのテクニックの1つ、「音声演出」ができること。放送局では拍手や歓声に代表される効果音の再生を「ポン出し」と呼ぶ。「MiNiSTUDIO シリーズ」はこのポン出し機能を搭載し、ボタンを押すだけで効果音を加えることが可能。また、声を変化させるボイスエフェクトやリバーブも搭載。ワンアクションで声に変化を加えることで、番組をさらに盛り上げることができる。

録音機器を数多く手掛けるTASCAMの製品だけあって、音質にも抜かりはない。音楽制作機器ゆずりの高音質回路を搭載し、マイクをつなぐだけでクリアな音質が得られる。そして、インターネット生放送での使いやすさを念頭に新規設計されたユーザーインターフェイスにも注目。ドワンゴとの共同開発によりインターネット生放送に必要なことを洗い出し、徹底的に操作子をしぼりこみ。音響機器に詳しくない人でも直感的に使えるようデザインされている。また、専用ソフトウェアも、だれでも使える「EASY」タブと上級者向けの「EXPERT」タブを用意する。

ラインナップは「MiNiSTUDIO PERSONAL US-32」と「MiNiSTUDIO CREATOR US-42」の2モデル。どちらもXLRのマイク入力やステレオミニの外部入力を備えるほか、ヘッドセットマイクや4極イヤホンマイクにも対応。スマホ用の機材も活用できる。また、外配信(屋外での配信)にも使える軽量設計で、首からぶら下げられるようストラップホールを装備するのもポイントだ。

エントリーモデルの「MiNiSTUDIO PERSONAL US-32」は、これ1台で気軽に高品位なインターネット生放送が楽しめるのが特徴。本体にコンデンサーマイクを内蔵しているため、マイクを購入する必要もない。マイクは全方向の音が収音できる無指向性。始めてみたかったインターネット生放送をすぐに楽しむことができる。


上位機種の「MiNiSTUDIO CREATOR US-42」は、音楽制作の用途にも対応。ギターを直接接続できるインストゥルメント入力を備える。モード切り替えによって信号経路が自動的に切り替わる。BROADCASTモードではループバック機能が常時ONにるが、CREATORモードではループバック機能がOFFになる。また、チェック用のモニタースピーカーが接続できるLINE OUT端子も搭載する。


製品情報

◆MiNiSTUDIO PERSONAL US-32
価格:オープン
◆MiNiSTUDIO CREATOR US-42
価格:オープン
発売日:2016年6月上旬

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス