中学時代は「キッスこそ最高の音楽」と信じていた自分ですが、高校に入ってあるラジオ番組を聴いてから「もしかするとそんなことでもないらしい」と信念が揺らぎ始めます。

確かNHKのFMの青森ローカル枠で流れていたと思うのですが、「こんばんは6時です」略して「こん6」と呼ばれていた番組です。水曜だか木曜だかがロックの日で、「では3曲続けて聴いていただきましょう」と言ってかかったのがディープ・パープルの「ハイウェイ・スター」とレッド・ツェッペリンの「ロックンロール」とクイーンの「ブライトン・ロック」でした。すかさずラジカセの録音ボタンを押してエアチェックしたのは言うまでもありません。

「何だかディープ・パープルのギターソロのほうがキッスよりかっこいいぞ。レッド・ツェッペリンのドラムイントロもクイーンのコーラスもキッスにはないものだ」とショックを受けたのでした。風呂に入る時もエアチックしたこのカセットを聴いたりして、すっかり心はキッス以外の音楽に向いてしまいます。

そんなある日、父親の友人が「けんちゃん、キッスの他にもいいバンドあるんだよ。これ聴いてみろ」と言って10枚ほどロックのレコードを貸してくれました。ツェッペリン、スコーピオンズ、レインボー、ピンク・フロイドなどでしたが一番衝撃を受けたのがディープ・パープルの『ライヴ・イン・ジャパン』でした。中でも「ハイウェイ・スター」のギターソロのすごいことといったら。ラジオで聴いたスタジオ盤のテイクより10倍位かっこいい。当時は何でそんなにかっこいいのか理屈は分りませんでしたが、今なら分かる。リッチー・ブラックモアのどんどん走っていくギターにぴったりとついていくドラム、ベース、その目と目を合わせている絵が浮かぶような、格闘にも似た汗だく感、一体感がスタジオ盤に無くライブ盤にはあるからなんだと思います。

さて本題、ディープ・パープルを初めて聴く若いあなたにおすすめのアルバムはずばり『ライブ・イン・ジャパン』です。


他にもライブ盤はたくさんありますが、「ハイウェイ・スター」でリッチーがちゃんとギターソロを弾いているのはこのアルバムだけなので間違って買わないように。他のだとビョーンと音を伸ばしているだけだったり、とにかくやる気がないのです。そこがまたリッチーらしくていいというマニアもいるとは思いますが、まずはこれを聴いてから。有名な「スモーク・オン・ザ・ウォーター」の黒板を引っ掻くようなイントロ、イアン・ギランの絶叫など聴きどころ満載。レコードのD面をまるまる占めた20分にも及ぶ「スペース・トラッキン」は最初退屈かもしれませんが、他のスタジオ盤に入っているいろいろな曲の一部分を組み合わせた組曲になっていることに気付いたら改めて楽しめることと思います。ライブ会場の武道館の観客席の写真がジャケットになっていて、最前あたりのお客さんがみんな椅子に座っているのに違和感を覚えますが、当時はこんなのりだったのかなぁと思わせる貴重な資料でもあります。このアルバムが気に入ったら『マシン・ヘッド』『イン・ロック』『ファイアーボール』へと進むのが王道です。

と偉そうに書いていますが高校時代の自分は本当に何も分っていなかったなぁ。ディープ・パープルのリッチー・ブラックモアがレインボーのギターでもあることも、オジー・オズボーンがブラック・サバスのヴォーカルでもあることも随分長い間知らなかったし、ピンク・フロイドの『狂気』をジャケットの虹色の光だけでレインボーのアルバムだと思っていたし。

●おまけ 今月のマイ ベストテープ~キッスだけが音楽じゃないと気付いたあの頃
A1.ハイウェイ・スター(ライブ)/ ディープ・パープル
A2.天国への階段 / レッド・ツェッペリン
A3.ブライトン・ロック / クイーン
A4.キャッチ・ユア・トレイン / スコーピオンズ
A5.銀嶺の覇者 / レインボー
B1.スモーク・オン・ザ・ウォーター(ライブ)/ ディープ・パープル
B2.ロックンロール(ライブ)/ レッド・ツェッペリン
B3.狂ったダイアモンド / ピンク・フロイド
B4.吹けよ風、呼べよ嵐 / ピンク・フロイド
B5.キル・ザ・キング / レインボー


<ハードロック喫茶 ナザレス>

5月7日(土)23時30分~
@高円寺ShowBoat.
※Sold out

<人間椅子ワンマンツアー「地獄の道化師」>

6月29日長野 Club JUNK BOX
7月1日新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE
7月3日高松 Olive Hall
7月5日名古屋 Electric Lady Land
7月8日大阪 味園ユニバース
7月10日東京 新宿ReNY
8月9日(火)仙台 CLUB JUNK BOX
8月11日(祝木)青森 Quarter
※全8公演ファンクラブ先行チケット販売あり。新宿ReNY公演のみ6/5、他7公演は5/29より一般発売開始

<ヘドバンのいけにえVol.4>

5月28日(土)
@FROM DUSK TILL DAWN(新宿歌舞伎町)
※『ヘドバン』のDJイベントに鈴木研一がDJで参加

◆人間椅子 公式LINEアカウント
◆【連載】人間椅子 鈴木研一の「ハードロック喫茶ナザレス」まとめ