【短期連載】佐々木亮介 (a flood of circle) のTHE BLUE TOUR DIARY_第9回『ソウル!心!魂!@岡山PEPPER LAND』

ツイート


岡山PEPPER LANDの楽屋は、普通の民家の一角にある。ふと横を見れば、また今日もキョウスケとマネージャーが筋力トレーニングをしている。このツアー中はずっと、腹筋を鍛える器具だの腕立て伏せを効率よくする為の器具だのが楽屋に転がってるのだ。運動部の部室みたいに。

◆a flood of circle (2016.5.1@岡山PEPPER LAND) 画像


姐さんはキョウスケが持っていた『DENKI GROOVE THE MOVIE?』のDVDを見つけて、映画館で観た時の感動と興奮を語ってる。こちらは軽音楽部的。そしてなべちゃんは、まず間違いなく帰宅部であろう佇まいでプカプカと煙草を吸っている。よくバンド組んでるよなこの人達。

前回の宇都宮でのライブから岡山へ向かうまでに1週間強の時間が空いた。ツアーの合間に何してるかって言うと、まあ大概は呑むか曲を作るか呑むかなんだけど、久しぶりに昔バイトしてた店に顔を出したりもした。西武新宿線の新所沢にある、ジャズハウス・スワン。通ってた学校の近くにあって、丸々2年間バイトしていた。きっかけは、ふとスワンの前を通りかかった時にライブ告知の看板に、渋さチビズの名前を見つけたからだった。

高校時代の友達にトゥントゥンという男がいて、当時は彼に連れられてよく渋さ知らズオーケストラのライブを観に行っていた。当初、ジャズについて何を知ってたかというとジミ・ヘンドリックス「ファイア」のオクターヴ奏法がウェス・モンゴメリーの影響だってことだけだったから、ずいぶん邪道な入り方。だから「ブラックバード」に登場するオクターヴ奏法でブルーノートを弾くフレーズは、大いに影響されている訳なんだけど。当時は常連さんのオーダーがカクテルの名前なのかリクエストの曲名なのか分からなかったなあ。ポンコツです。

店の棚には1万枚ほどジャズのアナログ・レコードがぎっしり詰まっていて、稀にマディ・ウォーターズからピンク・レディまで横道に逸れたアルバムが挟まってたりするんだけど、意識的にも無意識的にもいろんなジャズを聴いた。最初に好きになったのはホレス・シルヴァーとか、ドナルド・バードとか、グラント・グリーンとか、ファンキーなやつ。それからマスターに「渋さ知らズが好きならこれでしょう」と勧められたアート・アンサンブル・オブ・シカゴを訳も分からず聴いたりね。そういうのってさ、大事だよね。分からないことを分かりたいって思ってトライする。その時分かんなくても、後で分かった気になったりする。合理的じゃなくて全然いい。試してみるってこと。マスターにはいろんなことを教えてもらいました。

それから7年も経ってから出会ったイマイアキノブさんはボーカリストとして渋さ知らズに参加していた訳で(「健さん愛してる」を歌っている映像、すごく格好良い。今も手に入るかな?)、奇妙な縁を感じたりもする。

バンドを組む前から働いていたから、マスターはバンドの結成もリアルタイムで知っている数少ない人だ。最初に作った音源を聴いてもらったりしてた。岡山PEPPER LANDでも演奏した「シーガル」や「プシケ」や「月面のプール」なんかもその頃に原型を作った曲たちで、そんな昔に思いついた曲を今も演ってると思うと、時の洗礼を感じる。だって間違いなく進化してるからね。



岡山PEPPER LANDはいつだって空気が濃密。肉弾戦って感じの空間になる。昔の曲も今の曲も満遍なく愛してくれてるのがよく分かって嬉しかった。なべちゃんの名言も記憶に新しい。大事なものはいつだって、ソウルと心と魂を込めて創るのだ。いや全部一緒だろうって突っ込みはナシだぜ! そして、新しい曲「BLUE」を初めて演奏したよ。すごい曲が出来たんだ。早く聴いて欲しい。

次は21日の広島だね。岡山とは違うセットだよ。



さて、ついにScoobie Doとのダブル・ヘッドライナー・ツアーに突入する。つまり一晩でワンマンが2本観れるってこと。ヤバいよね。シュウさんと「ステージ上で何か一緒にやっちまいましょう!」って話をスペシャアプリで話したからさ。乞うご期待。

16/05/02 11:26 岡山PEPPER LAND能勢慶子さんのCDを聴きながら

佐々木亮介

<AFOC 10th Anniversary“THE BLUE TOUR -青く塗れ!-”>

4月02日(土) 千葉LOOK  open 17:30 / start 18:00
4月03日(日) 水戸LIGHT HOUSE  open 17:30 / start 18:00
4月09日(土) 郡山HIPSHOT JAPAN  open 17:30 / start 18:00
4月10日(日) 盛岡the five morioka  open 17:30 / start 18:00
4月14日(木) 金沢vanvanV4  open 18:30 / start 19:00
4月15日(金) 新潟CLUB RIVERST  open 18:30 / start 19:00
4月17日(日) 長野J  open 17:30 / start 18:00
4月22日(金) 宇都宮HEAVEN’S ROCK VJ-2  open 18:30 / start 19:00
5月01日(日) 岡山PEPPER LAND  open 17:30 / start 18:00
5月03日(火) 鹿児島SR HALL  open 16:30 / start 17:00
5月05日(木) 大分club SPOT  open 16:30 / start 17:00
5月07日(土) 松山Wstudio RED open 16:30 / start 17:00
5月08日(日) 高松DIME  open 16:30 / start 17:00
5月13日(金) 札幌cube garden  open 18:30 / start 19:00
5月15日(日) 仙台CLUB JUNK BOX  open 17:30 / start 18:00
5月19日(木) 高知X-pt.  open 18:30 / start 19:00
5月21日(土) 広島SECOND CRUTCH  open 17:30 / start 18:00
5月22日(日) 大阪なんばHatch  open 17:00 / start 18:00
5月27日(金) 名古屋DIAMOND HALL  open 18:00 / start 19:00
5月29日(日) 福岡CB  open 17:30 / start 18:00
6月04日(土) 新木場STUDIO COAST  open 17:00 / start 18:00
6月11日(土) 沖縄Output  open 17:30 / start 18:00
6月12日(日) 沖縄Output  open 17:30 / start 18:00
チケット料金:¥3,500(+税)
※5/3~5/8公演はSCOOBIE DOとのWヘッドライナー


◆【短期連載】佐々木亮介 (a flood of circle)のTHE BLUE TOUR DIARY 特集ページへ
◆a flood of circle オフィシャルサイト
◆青 オフィシャルYouTubeチャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス