V6、「Beautiful World」新ビジュアルは白で統一。特典映像では“わちゃわちゃなV6”

ツイート

V6が、6月8日にリリースする「Beautiful World」の新ビジュアルをホームページで公開した。

今回、秦 基博が提供した「Beautiful World」を、目に見える世界ではなく“心の中で見る世界”にある彩りを表現するために、あえて外的要素を削ぎ落とした世界観を表現。全体を白で統一し、“メンバーの表情”より“メンバーが出す空気感”に焦点を充てたビジュアルとなっている。

またこれと同時に、通常盤のみに収録される2013年振りとなる、20th Century、Coming Centuryの楽曲タイトルも解禁された。トニセン楽曲は「不惑」。80年代のディスコの雰囲気の方向に今らしい厚みが加わったサウンド、そこにKIRINJIの堀込高樹が手がけた歌詞が載り、トニセンが歌唱することにより化学反応を起こした。周りがどうであれ“自分は自分”で有り続けるという楽曲に仕上がった。

カミセン楽曲は「テレパシー」。温かみとノスタルジックを感じさせる、今のカミセンが歌うにふさわしい楽曲。この先に進んで行くためにいろんな選択がある中、迷いながらも、一つの結論を出した決意の歌に仕上がった。

そして、初回生産限定盤 Bにのみ収録される特典映像は「Beautiful World」の歌詞に“君”という言葉が出てくることから、『“君”に選ばれるのは誰だ?!スペシャル』というタイトルになることも明らかに。これだけでは想像ができないが、“わちゃわちゃなV6”が観れる作品となっているという。
この記事をツイート

この記事の関連情報