エクストリーム、2年振りの来日公演が決定

twitterツイート

エクストリームの2年振りの来日公演<ジャパン・ツアー 2016>が決定した。

◆エクストリーム~画像~

エクストリームは、1985年結成。1989年のデビュー作『エクストリーム』では、ファンクの要素を取り入れた斬新なメタル・サウンドとヌーノのアイディアに満ちたギター・プレイが高く評価された。1990年発表の2ndアルバム『ポルノグラフィティ』では更にファンク路線を推し進めた作品となり、このアルバムでエクストリームは一躍世界的に有名なロック・バンドとなった。そしてこのアルバムからの3rdシングル「モア・ザン・ワーズ」は全米NO.1に輝く大ヒットとなり、今なお名曲中の名曲として愛されている。1992年の『スリー・サイズ・トゥ・エヴリ・ストーリー』は彼等の幅広い音楽性の集大成といえる3部構成の大作だった。1995年の『ウェイティング・フォー・ザ・パンチライン』ではロックの原点に立ち返り、虚飾を排し、骨格をむき出しにしたサウンドを追求した。

1989年、1991年、1993年、1995年と4度の来日公演を行い、いずれも脅威的なライヴ・パフォーマンスを見せつけたが、1996年にVo.ゲイリーが脱退。バンドもそのまま解散してしまった。解散後はそれぞれ活動を続けていたが、2005年1月、9年の時を経て1度だけの再結成公演が実現し、東京4公演をはじめ、名古屋、大阪公演も全て完売し、大反響を巻き起こした。

2008年に入り、もうないだろうと思われていたエクストリームの約13年振りとなる衝撃の復活アルバム『サウダージ・デ・ロック』をリリース。この再結成ラインナップはヌーノ、ゲイリー、パットに加え、ヌーノのプロジェクトに参加したケヴィン・フィグェリド(Ds)となり、このメンバーで来日公演も実現。モンスター・バンドの復活にファンは狂喜乱舞した。2012年にはバンドの最重要アルバム『ポルノグラフィティ』を完全再現する日本ツアーを行い、熱狂・絶賛のステージを繰り広げた。そして2014年にはデビュー25周年を迎え、6月の来日公演では歴史の集大成といえるベスト・ヒット・ライヴを行い大反響を巻き起こした。

そして2016年9月に2年振りの来日公演が実現。毎回話題のステージを魅せてくれる彼らが、次はどんなステージを繰り広げてくれるのか。
ジャンルを超越した究極のロック・バンド! 興奮のパフォーマンスを楽しみにしたい。

<ジャパン・ツアー 2016>

【東京】
9/29(木) 昭和女子大学人見記念講堂
10/5(水) 東京ドームシティホール
一般発売:5/28(土)
お問い合わせ:ウドー音楽事務所 03-3402-5999 udo.jp
【仙台】
9/30(金) チームスマイル仙台PIT
一般発売:6/25(土)
お問い合わせ:ウドー音楽事務所 03-3402-5999 udo.jp
【大阪】
10/3(月) あましんアルカイックホール
一般発売:5/28(土)
お問い合わせ:大阪ウドー音楽事務所 06-6341-4506 udo.jp/Osaka
【名古屋】
10/4(火)  ZEPP NAGOYA
一般発売:後日発表
お問い合わせ:ウドー音楽事務所 03-3402-5999 udo.jp
CBCテレビ事業部 052-241-8118


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報