【ライブレポート】吉川友、久しぶりの生バンドに「レンタカー借りてバンドツアーやりたい!」

twitterツイート

吉川友の東名阪ツアー<吉川友バースデーツアー ~あと5分で本気出すよ?~>の最終日となる東京公演が5月8日に原宿 ASTRO HALLにて開催された。

◆<吉川友バースデーツアー ~あと5分で本気出すよ?~>最終日公演 画像

ツアー初回公演の5月1日に24歳の誕生日を迎えた、きっか。東京公演では6月1日発売のニューシングルより「歯をくいしばれっっ!」を皮切りに全16曲を披露し、会場に黄色いシャツで集った友フレ(吉川友ファン)らとともに盛り上がった。実はこの日(8日)はきっかの母親の誕生日ということもきっかの口から明かされ、会場からは驚きの声も。ライブを見に来ているというきっか母にむけ、きっかと友フレが声を揃えての「おめでとう!」を告げる。

ライブ序盤では「URAHARAテンプテーション」「あまいメロディー」「WILDSTRAWBERRY」と強い女性をテーマにした曲を続けて披露しつつ、きっかがデビューからの5年を振り返っていく。様々な経験をした中で、特にきっかにとって印象的だったのは2013年のカフェオーレのCMでキマグレンと共演した時のことだという。

それまで、アイドルはステージではCD音源通りに、立ち位置も振り付けもキチンとやることが正しいと思っていたきっかだが、キマグレンと一緒にツアーを回っていくうちに自由奔放な動き方に気付かされた。「感情のままに歌って音を発していいんだって気付いて、歌ってる途中でもありがとうって叫んだり大好きって叫んだり、ステージを降りてみんなのところで歌ったりっていうのを少しずつできるようになりました。」今や彼女のステージの自由度は目を離せないほどの勢いだ。きっかは今年の5月11日でデビュー6年目に突入する。


「一人一人のお目々を見てライブしたい!」と語るきっか。中盤の「チャーミング勝負世代」をからは久しぶりに生バンドをいれ、体力勝負なアップチューン連発でのパフォーマンスとなった。また、MCではきっかにとっての良きライバルであり仲間でもある、アップアップガールズ(仮)の仙石みなみがオフを利用してライブを見に来ていることもきっかが暴露。「毎日、朝起きたら必ずみーこ(仙石みなみ)のTwitterをチェックする」とやや前のめりなラブコールを惜しまないのと同時に、ハロプロエッグ時代の昔話にも花が咲く。

「小学校入った頃にモー娘。に出会い、こうなりたいと思ってハロプロの踊りを(茨城の田んぼで)真似して、気づけば8期オーディションに希望して、事務所の方に研修生で入らないかと言われたのがこの世界に入ったきっかけでした。ハロプロエッグ時代にデビューが高3まで決まらず、周りが飛び立つのを見て私ダメなのかなーと思っていて、ダメだったら大学に行こうと思って短大の資料も見ながら必死に勉強もして。あの時諦めなくてよかったなって今でも思っております。」──吉川友

デビュー以降彼女を支え続けた家族やスタッフ、ライバルや友達、そしてファンへの感謝を繰り返し伝えながら「最大の夢は大きな会場にみなさんを連れて行くことです。よぼよぼになるまでにはかならず達成してみせます」とこの東京公演でも宣言したきっか。さらに、今回の生バンドの手応えもあったようだ。「レンタカー借りてバンドのみなさんと一緒にバンドツアーやりたい!」と勝手に夢を増やし、最後は波打つ一面の黄色いペンライトに囲まれての「Stairways」でライブを締めくくった。


ライブ後の囲み取材では、ツアータイトルにちなみ「(吉川さんが)本気出したらどうなりますか?」という質問が記者陣から飛び出し、きっかは「分子レベルで飛び散りますよ!」という迷回答と共に拳を突き出してインパクトを残していた。また、後輩のJuice=Juiceや同期のアップアップガールズ(仮)が次々と日本武道館での公演を発表してきたことに対しては、「(私も)この2・3年のうちには必ず武道館に立ちたいですね。本当は先頭に立っていきたいんですけど」と語る。

吉川友はこの夏、6月1日発売のダブルAサイドシングル「歯をくいしばれっっ!/チャーミング勝負世代」をひっさげ<IDOLidgeCarnivalinTAIPEI>や<TOKYOIDOLFESTIVAL2016>などのアイドルフェスに出演するほか、8月6日~8日の期間はミュージカル『三銃士』に出演。そして9月には主演音楽劇『夜のピクニック』への出演と、女優としての活動にも挑戦する。「プライベートでは、ゴルフセットを揃えました。今まで挑戦したことがないことに挑戦したいんです」というきっかは、先日初めての打ちっぱなしに行ったそうだ。結果については上々だった模様。「わりと当たるタイプの女なので」という、初回から(根拠が若干不明な)確信に満ちたコメントで笑顔を見せてくれるきっかであった。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon