【短期連載】佐々木亮介 (a flood of circle) のTHE BLUE TOUR DIARY_第13回『純だね、HISAYO@高松DIME』

ツイート


『Pen』という雑誌の今号で歌謡曲特集をやってるんだけど、それを昭和歌謡特集と勘違いして買った。松本隆さんの、音楽を作る全ての若者への挑発とも受け取れる素敵なインタビューが載っている。

◆a flood of circle (2016.5.8@高松DIME) 画像

その流れで、高松DIMEの楽屋ではピンク・レディをかける。歌詞もアレンジもぶっ飛んでいるからね、盛り上がる。「ペッパー警部」「サウスポー」「ウォンテッド」……どれも凄い曲だ。

『Pen』を読み進めていくと、80年代アイドルのキャッチ・コピーを集めたページに出くわす。「抱きしめたいミス・ソニー」、「微笑少女」、「1億円の瞳」……この辺りはスタンダードな雰囲気だけど、「ひろ子という字 何度ノートに書いたっけ」……これはもう詩の領域に片足突っ込んでるね。「純だね、陽子」とかね、良いよね。HISAYO姐さんのキャッチ・コピーも考えよう。うーん……




世の中のゴールデン・ウィークの最後の日、高松DIMEでのライブが、俺達の<THE BLUE TOUR>とScoobie Doの<Funk-a-lismo!vol.10>とのダブル・ヘッドライナー・ツアーの締め括り。Scoobie Doは俺達の歴史の節目節目に立ち会ってくれているバンドだ。だからこそこのダブル・ヘッドライナー・ツアーという無茶なライブを共に出来たとも言えるかも知れない。

Scoobie Doとのライブで特に印象深いのは、HISAYO姐さん加入の時のライブ。新宿LOFTで行われたRUDE GALLERY主催のイベント(※2010.12.24@新宿LOFT<RUDE GALLERY x SHINJUKU LOFT presents「SHINJUKU GANG Rock of Ages」>)で、クリスマス・イブだった。俺達にとってはそれが姐さん加入後初めてのライブでね。出演バンドはThe MirrazやBlieANやuhnellys、そしてScoobie Doがいたんだ。あと、司会進行役がいて、サンタクロースの格好をした怒髪天の増子さん(泥酔)。サンタの衣装より顔が赤かったね……つまり、イベント自体は楽しいパーティのはずだった。けど、あの時のライブは今でもメンバーの間で語り種になるくらい、緊張感に満ちたものだった。

1曲目は「博士の異常な愛情」だったと思うんだけど、ロフトのステージを覆う幕がゆっくりと上がっていってイントロに入る時は正しく張り詰めた空気を感じたな。そのすぐ後に、新体制を御披露目しに行くつもりで大阪と名古屋へ短いツアーに出たんだけど、その時もScoobie Doを誘って。その2本のライブが終わった後、シュウさんが「新体制ばっちりじゃん」って言ってくれたんだよね。

その頃作ってたデモに「Don’t Stand By Me」っていう仮題の曲があって、それがその半年後には「I LOVE YOU」というシングルに化けたんだけど。今回のダブル・ヘッドライナー・ツアーの中で2度も「I LOVE YOU」をシュウさんとセッション出来て、それは胸の中にグッと来る瞬間だったな。




高松DIMEは楽器の音がすごく気持ち良く鳴ってくれるライブハウス。最後の最後は「夕焼けのメロディー」に参加して、シュウさんとリーダーと俺とで3声ハーモニーをキメた。そして「つづきのメロディー」をシュウさんとデュオで演奏。アコースティック・ギターを弾く時って弾き語りの時がほとんどだから、人の歌の為に弾くということがあまりなくてね、新鮮な体験だった。シュウさんの歌の呼吸を感じながら。名曲だよね、「つづきのメロディー」。

すごく良い夜だった。


写真は高松DIMEのバンドウエイジ店長(本名)と。いつも最高にひょうきんに出迎えくれるし、最高にひょうきんに送り出してくれる。

Scoobie Doと4本のライブを締める打ち上げをして、またそのうち一緒に演ろうと約束をしてきた。写真は、鬼火の水割りをおかわりしまくるシュウさんと。


一旦東京に戻って、次は北を攻める。13日が札幌、15日が仙台だ。もちろん新曲持って行くからさ、待っててくれ!

16/05/09 14:45 スピッツの新しいアルバム・リリース決定の報を受けて興奮中

佐々木亮介


<AFOC 10th Anniversary“THE BLUE TOUR -青く塗れ!-”>

4月02日(土) 千葉LOOK  open 17:30 / start 18:00
4月03日(日) 水戸LIGHT HOUSE  open 17:30 / start 18:00
4月09日(土) 郡山HIPSHOT JAPAN  open 17:30 / start 18:00
4月10日(日) 盛岡the five morioka  open 17:30 / start 18:00
4月14日(木) 金沢vanvanV4  open 18:30 / start 19:00
4月15日(金) 新潟CLUB RIVERST  open 18:30 / start 19:00
4月17日(日) 長野J  open 17:30 / start 18:00
4月22日(金) 宇都宮HEAVEN’S ROCK VJ-2  open 18:30 / start 19:00
5月01日(日) 岡山PEPPER LAND  open 17:30 / start 18:00
5月03日(火) 鹿児島SR HALL  open 16:30 / start 17:00
5月05日(木) 大分club SPOT  open 16:30 / start 17:00
5月07日(土) 松山Wstudio RED open 16:30 / start 17:00
5月08日(日) 高松DIME  open 16:30 / start 17:00
5月13日(金) 札幌cube garden  open 18:30 / start 19:00
5月15日(日) 仙台CLUB JUNK BOX  open 17:30 / start 18:00
5月19日(木) 高知X-pt.  open 18:30 / start 19:00
5月21日(土) 広島SECOND CRUTCH  open 17:30 / start 18:00
5月22日(日) 大阪なんばHatch  open 17:00 / start 18:00
5月27日(金) 名古屋DIAMOND HALL  open 18:00 / start 19:00
5月29日(日) 福岡CB  open 17:30 / start 18:00
6月04日(土) 新木場STUDIO COAST  open 17:00 / start 18:00
6月11日(土) 沖縄Output  open 17:30 / start 18:00
6月12日(日) 沖縄Output  open 17:30 / start 18:00
チケット料金:¥3,500(+税)
※5/3~5/8公演はScoobie DoとのWヘッドライナー

◆【短期連載】佐々木亮介 (a flood of circle)のTHE BLUE TOUR DIARY 特集ページへ
◆a flood of circle オフィシャルサイト
◆青 オフィシャルYouTubeチャンネル

◆Scoobie Do オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス