レッド・ホット・チリ・ペッパーズ「新作はいつになく大変だった」

twitterツイート

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフロントマン、アンソニー・キーディスが、来月リリースするニュー・アルバム『The Gateway』の制作過程について語った。新作はプロデューサーにデンジャー・マウスを迎えたが、予期せぬハプニングもあり、いつになく大変だったそうだ。

◆『The Gateway』画像

アンソニーはLAのラジオ局KROQのインタビューでこう話した。「このアルバムを作るのに、いつになく大変な経験をした。俺たち、20~30の曲を作っていたんだ。準備は全て整っていて、やろうと思ってた。そしたら、フリーがスノーボードへ行って、腕をホントにひどく骨折したんだ」

「で、俺ら、全部を考え直し、それにプロデューサーもいなかったから、これらの曲とどうしたらいいかわからないような状況になった……。混乱が収まったころ、ブライアン・バートン、別名デンジャー・マウスが現れ、“アルバムを作ろう”って言ってきたんだ。俺ら、“よし! 曲はあるんだ”って答えたよ。(でも)彼は、“それは置いといて、スタジオで新しい曲を作ろう”って言い出した。だから、もう一度始めからやり直しだよ。彼は、一緒にスタジオに入ったらどんなことが起きるか、見たかったんだ。そして、新しいことをスタートした」

「これが上手くいくには、彼を信じ、俺らの古いアイディアや従来のやり方を捨てるしかないって思ったよ」

新作『The Gateway』は、『Mother’s Milk』(1989年)以降、初めてリック・ルービン以外の人がプロデュースした作品となる。アルバムは6月17日リリース。レッド・ホット・チリ・ペッパーズは7月に<Fuji Rock Festival ‘16>で来日する。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス