【インタビュー】鹿乃「1stアルバム『nowhere』前向きさは大切だけど暗い部分もあるんだよ」

twitterツイート

2010年からニコニコ動画で歌い手として活動を始め、2015年、テレビアニメ『放課後のプレアデス』のオープニングテーマ「Stella-rium」で、待望のメジャーデビューを果たした鹿乃。これまで、公の場に姿を見せることがほとんどなかった彼女のメジャーデビューは誰もが望んだことであった。その後、多くのファンたちからアルバムを渇望されていたのこともあり、メジャーデビューから約1年ぶりの5月11日に、その願いは叶えられることとなった。2016年5月11日。鹿乃は1stアルバム『nowhere』をリリースする。アルバム用の新曲6曲を含む待望作に、鹿乃はいったいどんな想いを詰め込んだのだろう?

◆鹿乃~画像~

■今回のアルバムのテーマは旅立ちなんです
■新しい一面を出していけたらなという思いも込めて


──まず、鹿乃ちゃんが歌い始めたきっかけから訊いてもいい?

鹿乃:はい。私はもともと人前で歌うなんてできない性格なので、最初からそれを目指したというわけではなかったんです。最初に歌に興味を持ったのは、兄の影響でした。音楽に目覚めた最初のきっかけは、兄がモテたいという理由で始めたバンドで(笑)。その影響で自然といろんな音楽を好きになっていったんです。個人的には、シンバルズさんとか相対性理論さんとかヘーゼル・ナッツ・チョコレートさんとかが好き。そこからたまたまニコニコ動画を見て、あ、こんな投稿サイトがあるんだ! と思って、歌ってみたのが最初だったんです。

──投稿し始めたのが2010年でメジャーデビューが2015年だけど。

鹿乃:そうなんです。動画を聴いてくださった方々から、何度かメジャーのお話をいただいていたんですけど、人前で歌うなんて自分にとっては全然考えもしなかったことなので、気持ちの踏ん切りが付かなくて、ずっとお断りしていたんです。でも、熱心に声をかけてくださっていたのと、もっと多くの人たちに聴いてもらえるのであれば…という思いから、2015年メジャーというシーンで初めて歌わせていただいたんです。インディーズのときは、レコーディングブースにも入ったことがなくて、全部自分でやっていたので、メジャーというシーンで歌わせていただいて、いろんなことを経験させてもらいました。これまでにリリースしたシングル2枚は、いままでに関わりのあったボカロPさんとご一緒させていただいて、最初からとても深く関わって作品作りをしていけたので、改めて音楽が出来ていく流れみたいなものを知ることができました。自分で意見を言いながら音楽を作っていくことって、こんなに楽しいことなんだなって再認識できたんです。今回のアルバムでも3曲作詞で参加したんですが、とても新鮮でした。でも、普段の生活でも、そこまで自分の意見を言う方じゃないので、苦労もありましたけど、今、出来上がってみて、とても嬉しく思っています。


▲1stアルバム『nowhere』<絵本付生産限定盤>


▲1stアルバム『nowhere』<アニメ盤>

──今回のアルバム『nowhere』は、どんなイメージがあって作られていったの?

鹿乃:今回のアルバムのテーマは旅立ちなんです。いままでの自分らしさも出しつつ、新しい一面を出していけたらなという思いも込めて。

──旅立ちというテーマはどこから?

鹿乃:1stシングルが「Stella-rium」っていう曲だったんですけど、「Stella-rium」が、成長とか旅立ちをテーマにした曲だったので、そこを主軸にしたかったんです。このアルバムを1つの節目にして、またここから新たな一歩が踏み出せたらいいなという想いも、そこに込めてあるんです。「プリマステラ」「Stella-rium」「ディアプレイブ」からも、ちゃんと声を出してアピールしていこうっていう流れを感じてもらえるんじゃないかなと思います。

──今回の10曲の中で、鹿乃ちゃんが思う自分らしさって具体的にどのあたりなの?

鹿乃:「こそあど言ノ葉」「Toy-toi」「evergreen」が自分らしい曲なんじゃないかなって思います。イメージ通りなんじゃないかなと。

──「こそあど言ノ葉」は、独特な雰囲気を持つ1曲だよね。

鹿乃:そうですね、ちょっとスネてる感じの楽曲というか(笑)。

──「Toy-toi」はピアノロック的な楽曲だよね。

鹿乃:そうですね。すごく自分的にも気に入ってる曲です。

──「今をかける少女」はアニメのタイアップ曲かな? って思うくらい世界観の強い楽曲だったけど、個人的に少し毛並みが違うなって感じたりもしたよ。ちょっと和のテイストを感じるというか。

鹿乃:そうですよね。すごく素敵な曲ですよね! この曲は、私のリクエストを受けて作っていただいた曲でもあるんです。実は、今回のジャケットの袴を着た女の子のイメージも、私がすごくワガママを言ってそうしてもらった部分なんです。テーマを旅立ちにしたこともあって、どうしても袴の衣装が良くて。衣装やジャケットを袴にするのに、和っぽいテイストの曲が全く無いっていうのもちょっとな、と思って、和テイストな「今をかける少女」を作っていただいたんです。和だけど、ちょっと今っぽさのある曲。40mPさんにお願いして作っていただいた曲です。初めてご一緒させていただけてすごく嬉しかったです。

──私が新しい鹿乃ちゃんを感じたのは、7曲目の「Walk This Way!」だったな。この曲は「Stella-rium」のカップリング曲でもあったナンバーだけど、基本柔らかいイメージの鹿乃ちゃんの印象を覆す激しさが潜んだ1曲だなと感じたというか。

鹿乃:そうですね。アルバムの流れの中で聴くと、余計にそう感じてもらえるのかもしれないです。この曲はsamfreeさんが、“どんな曲歌いたいの? 歌いたい曲を作ってあげるよ”って作ってくださった曲です。柔らかくて、どちらかというと、暗いイメージの歌を歌うことが多いから、そういうのばかり歌っていると、だんだん暗い自分に鬱憤が溜まってきちゃって、そんなときに歌いたい曲です(笑)。アルバムの流れ的にも、7曲目あたりでこの曲が来ると、ちょうどいい感じで盛り上がれるんじゃないかな。

──歌い方や楽器隊のアプローチも激しいもんね。

鹿乃:そうなんです(笑)。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon