ブラック・アイド・ピーズ、ファーギー抜きでパフォーマンス

twitterツイート

ブラック・アイド・ピーズが水曜日(5月11日)、およそ5年ぶりとなるライブ・パフォーマンスを行なった。が、ファーギーの姿はなかった。

◆ブラック・アイド・ピーズ画像

彼らは、ウィル・アイ・アムが発売するスマートウォッチDialのお披露目を兼ね、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開かれたイベントで、「Boom Boom Pow」「Pump It」「Where Is The Love」「I Gotta A Feeling」などのヒット曲をプレイした。ファーギーのパートは、ウィル・アイ・アムが審査員として出演していたUKのオーディション番組『The Voice』で彼がメンターを務めた女性歌手Lydia Lucyが歌った。

ウィル・アイ・アムは、バンド・メイトのアップルとタブーを「俺のベスト・フレンド」と呼び、この先も活動を共にしていくと話したそうだ。

ファーギーは2015年初め、ブラック・アイド・ピーズの結成20周年を記念した活動再開について「聞いていない」とコメントした上、夏に彼らがスペシャル・リリースしたシングル「Yesterday」にも参加していなかったことから、正式発表はないが、すでに脱退したのか、その危機にあるのではないかと懸念されている。

ファーギーは現在、ソロ・アルバムを制作中。この夏ロンドンで開かれる<Wireless Festival>にもソロ・アーティストとして出演する。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス