【ライヴレポート】Kαin、「2017年5月2日、来年も赤坂BLITZで」

ツイート

Kαin、約束の日、約束の場所、赤坂BLITZ。ヴォーカリストにしてリーダー藤田幸也の誕生日でもある5月2日、赤坂BLITZにて<One Another Day/Die Another Day>と題されたワンマンライブが開催された。

◆Kαin 画像

大きなステンドグラスと十字架がステージに設置され、その重厚な雰囲気と共に鳴り響く荘厳なピアノのBGM(ピアニスト吉岡寿之によるKαin楽曲カヴァー)が、開演前から会場をKαinの世界へと誘っていく。


オープニングナンバーはなんとATSUSHI作曲の新曲「Latency Sorrow」だ。続いて「ASTUSHI_006」が披露されるなど正式音源未発表曲で攻めたてる。“現在のKαin”に揺るぎない自信を持つ彼らならではの序盤、その攻勢に圧倒される。

「die 4 you」ではYUKIYAもギターを持ち、シューゲーザーともオルタナティヴとも言える独特の音色がオーディエンスの耳を突き刺した。SHIGEとSANAのツインギターに色彩豊かなYUKIYAのギターが楽曲の表現の幅を広げて、壮大極まりない。


中盤にはSHIGEのヴォーカルをフィーチャーした「月の葬列」を披露。卓越したギターテクニックを持ちながら、伸びやかな歌声を併せ持つ彼の存在は、このバンドにとって大きなもの。また、同曲は彼らのライヴでは既におなじみであるが、この日の配布音源として正式に発表されたことは喜ばしい限りである。

SANAのギターにトラブルが発生した同中盤では、演奏が中断するも、YUKIYAの“匠の技”とも言えるMCによってオーディエンスの熱が冷める事がない。そしてトラブルを抱えたままではあったものの、その後の演奏は予定通りに続行。このあたりの進行は流石の実力というか、バンド力の強さをまざまざと見せつけたシーンでもあった。



後半は「Again」「羽」などアッパーチューンの激しいセクションへ。アップテンポのながら、タイトなリズムワークを見せたATSUSHI (Dr)とKazu (B)の演奏にも素晴らしいものがあった。この2人の安定したリズムワークがあってこそ、フロントマン3人がエモーショナルな演奏を展開できるというもの。そこにのる吉岡寿之の煌びやかなピアノも楽曲に彩りを添えてい鮮やかだ。YUKIYAを長年支える彼らの演奏からも、“バンド”という強い結びつきを感じれるシーンであった。

ラストは現在の彼らを代表する曲でもある「証」。じっくりと噛み締めるように歌うYUKIYAのヴォーカルにオーディエンスが酔いしれながら、本編は終了した。


アンコールでは青月泰山 (チェロ)、坪本伸作 (AG)をゲストに迎え、“完全体”とも言える形態で、「Kaleidoscope」「桜回廊」を披露。この2曲も現在CDとしては未発表のナンバーだ。特に前者は2ndアルバムのタイトルでもあることがすでに発表されており、オーディエンスの反応もCDリリースへの渇望感が強く伺えた。そして、「drow」「あふれそうな涙」など、現在のKαinのライヴでは欠かせない楽曲を立て続けに披露した後、YUKIYAの口から衝撃的なアナウンスが。

「2017年5月2日、来年も赤坂BLITZでライブやります」

2016年の“約束の日”は様々な理由から、開催発表から公演までの期間が1ヶ月弱というタイトなものであった。常に自分の持てる力を全力で出し切る彼らからすれば、悔いが残ってないとはいえないはずだ。その想いを晴らすかのように、こんどは1年前の告知である。ある種、何かの覚悟を決めたかのような力強いYUKIYAの言葉に、オーディエンスは鳴りやまない拍手でその想いを受け入れた。バンドとオーディエンスとの強い絆を感じさせるこの瞬間は、間違いなくこの日のハイライトの1つだった。


ラストには「Closer」を集中力の高い演奏で披露。メンバー全員が音楽という言葉では表せない感情を一気に露わにさせる刹那は美しく、そして力強くもあった。3時間を超える熱演が同曲を最後に、深く余韻を残すように幕を閉じた。

2017年に向けて大きな一歩を踏み出したKαin。長らく待たれるニューアルバムのリリースとともに、2016年の“約束の日”に今から期待が高まるところ。きっとその期待を裏切らない、煌びやかな瞬間が僕らを包み込むはずだ。

撮影◎TAKAAKI HENMI


■<Kαinワンマン公演「One Another Day / Die Another Day」>
2016年05月02日@赤坂BLITZセットリスト

SE.新曲 (初公開/タイトル未定/ATSUSHI作曲)
01.Latency Sorrow (新曲/ライブ初公開/ATSUSHI作曲)※当日会場限定デモシングルとして販売
02.ATSUSHI_006 (仮タイトル/新曲/未CD化/ATSUSHI作曲)
SE.Haunt (未CD化)
03.die 4 you (2007年11月発売1stAlbum「-paradiselost-」収録曲/YUKIYA作曲)
04.Vincent (未CD化/YUKIYA作曲)
05.聖痕-stigma- (2007年11月発売1stAlbum「-paradiselost-」収録曲/ATSUSHI作曲)
06.Inlandempire#02 (2007年11月発売1stAlbum「-paradiselost-」収録曲のリメイク/YUKIYA&ICHIRO作曲)
SE.the lightningseeds (未CD化)
07.Miles (未CD化/YUKIYA作曲)
08.月の葬列 (SHIGEがメインVo./初CD化/この日の配付シングル/YUKIYA作曲)
※SANAの機材トラブルのため中断
09.葬 (2010年の配布シングル/YUKIYA作曲)
10.TEAR (1993年D≒SIRE時代のリメイク曲/YUKIYA作曲)
11.Again (未CD化/YUKIYA作曲)
12.羽根 (2007年11月発売1stAlbum「-paradiselost-」収録曲/SHIGE作曲)
MC
13.証-akashi- (未CD化/YUKIYA作曲)
SE.Akashi (未CD化)
SE.theEND (未CD化)
encore
01.Kaleidoscope (未CD化/YUKIYA作曲)
02.桜回廊 (新曲/未CD化/SHIGE作曲)
SE.#006 (未CD化)
03.#006(NUMBER SIX) (仮タイトル/未CD化/YUKIYA&ICHIRO作曲)
04.FLAW (2007年結成時の無料配信曲/YUKIYA作曲)
05.drow (会場限定シングル/iTunes配信中/SHIGE作曲)
06.lost (2007年11月発売1stAlbum「-paradiselost-」収録曲/YUKIYA作曲)
07.あふれそうな涙 (未CD化/YUKIYA作曲)
MC
08.Closer (未CD化/YUKIYA作曲)
SE.east of eden (アルバムとは別バージョン)


◆Kαin オフィシャルサイト
◆YUKIYA オフィシャルTwitter
◆Kαin AKASAKA BLITZ LIVE オフィシャルTwitter
この記事をツイート

この記事の関連情報