【短期連載】佐々木亮介 (a flood of circle) のTHE BLUE TOUR DIARY_第15回『すずめっ子@仙台CLUB JUNK BOX』

ツイート


苫小牧からフェリーに乗船し津軽海峡を渡る。八戸の港で降りてからは機材車をぶっ飛ばす。やっと辿り着いた仙台は、『青葉祭』の真っ最中だった。

◆a flood of circle (2016.5.15@仙台CLUB JUNK BOX) 画像

盛大に人が集まり、盛大に神輿が担がれ、そして盛大に交通規制が敷かれる……どさ回りのツアー・バンドとしては移動する道が混雑したり遠回りになるのはしんどさもあるんだけど、祭りの空気は大好きだ。プログラムを一つもらって読んでみると、“青葉祭名物すずめ踊り”のタイム・テーブルが載っていた。膨大な数のすずめ踊り団体が存在し、それぞれに個性的な名前が付けられている。ロック・フェスティバルのタイム・テーブルを眺めているみたいで面白い。中でも一番格好良いバンド名(?)は、“すずめっ子チュンチュン”に勝手に認定&断定。つい発音したくなるネーミングでしょう。観たかったな。

仙台と聞いて最初に思い浮かんでくるのは、牛タンでも萩の月でもなく、“爺ちゃん婆ちゃんち”である。

もともと父方の家が仙台にあった。だから自分自身で住んだことはないのに俺の本籍地は今なお仙台のままだったりするんだけど。青葉区双葉ヶ丘。双葉ヶ丘は小高い丘陵状の町で、KHBという放送局の巨大な電波塔を丘の頂点にして、一帯に静かな住宅地が広がっている。夏休みは仙台への帰省が佐々木家の定番だったから、子供の頃の夏の記憶と言えばこの双葉ヶ丘のことばかり思い出す。

丘の斜面に沿って斜めに広がった変わった形の庭で花火をしたり、陽を浴びて自分と同じ目線まで伸び放題になった草を刈ったり、永遠に実がならないんじゃないかと思うような葡萄の木に水をやったり、爺ちゃんと将棋を打ったり、婆ちゃんが味噌汁を作りながら歌う越路吹雪版の「愛の讃歌」を聴いたり、書き溜められた油絵を見せてもらったり、長谷川町子『いじわるばあさん』を一晩かけて全巻読破したり、被災して今はなくなったセンプラで買い物をしたり、泉が岳で虫を採ったり……仙台に来ると今でもそういう“なんでもない記憶”が蘇るから、ライブしにくると実はその度に不思議な気持ちなっていたりもする。

そういえば、「アカネ」という曲はそういった記憶の匂いみたいなものをたぐり寄せて生まれた。よくよく考えれば、普段が前傾姿勢すぎるのか、ノスタルジーを持った曲ってほとんどないかもな。「アカネ」は俺達のディスコグラフィの中でも例外的で珍しい曲だと言えるかも知れない。

爺ちゃんには亡くなる直前までずっと「公務員になれ」と言われていた。それは彼自身がそうだったからだと思うんだけど。すまない爺ちゃん……僕はロックンローラーになってしまいました。

今では婆ちゃんが足を悪くして東京の実家に移り住んできているため、当の本籍地にもはや帰る家がない。だけどライブをしに来ると、仙台にただいまと言うことが出来る。それが嬉しい。



仙台CLUB JUNK BOXは、POLYSICSとやったりThe MirrazとやったりZIGZOとやったり、いろんな勝負を繰り広げて来た場所だけど、ワンマンで来るのは久しぶりだった。でもそうと思えないほど熱狂的なムードだったね。

「アカネ」と両A面のシングルとしてリリースした「KIDS」も東北生まれの曲だから、やっぱり仙台で演ると気持ちも一入(ひとしお)なんだけど、みんなぶち上がってたな。ライブが終わったあと、フロアにいる人達がまるで旗でも振るみたいにタオルを掲げたり振り回してくれる様を観て、グッときたよ。

打ち上げ写真3連発...




ツアーも後半戦に差し掛かって来た。今すごく良い状態だ。観ないと後悔するぜ。

16/05/16 13:05 カー・ステレオでマネージャーがかけているエイジアン・ダブ・ファウンデーションを聴きながら

佐々木亮介


<AFOC 10th Anniversary“THE BLUE TOUR -青く塗れ!-”>

4月02日(土) 千葉LOOK  open 17:30 / start 18:00
4月03日(日) 水戸LIGHT HOUSE  open 17:30 / start 18:00
4月09日(土) 郡山HIPSHOT JAPAN  open 17:30 / start 18:00
4月10日(日) 盛岡the five morioka  open 17:30 / start 18:00
4月14日(木) 金沢vanvanV4  open 18:30 / start 19:00
4月15日(金) 新潟CLUB RIVERST  open 18:30 / start 19:00
4月17日(日) 長野J  open 17:30 / start 18:00
4月22日(金) 宇都宮HEAVEN’S ROCK VJ-2  open 18:30 / start 19:00
5月01日(日) 岡山PEPPER LAND  open 17:30 / start 18:00
5月03日(火) 鹿児島SR HALL  open 16:30 / start 17:00
5月05日(木) 大分club SPOT  open 16:30 / start 17:00
5月07日(土) 松山Wstudio RED open 16:30 / start 17:00
5月08日(日) 高松DIME  open 16:30 / start 17:00
5月13日(金) 札幌cube garden  open 18:30 / start 19:00
5月15日(日) 仙台CLUB JUNK BOX  open 17:30 / start 18:00
5月19日(木) 高知X-pt.  open 18:30 / start 19:00
5月21日(土) 広島SECOND CRUTCH  open 17:30 / start 18:00
5月22日(日) 大阪なんばHatch  open 17:00 / start 18:00
5月27日(金) 名古屋DIAMOND HALL  open 18:00 / start 19:00
5月29日(日) 福岡CB  open 17:30 / start 18:00
6月04日(土) 新木場STUDIO COAST  open 17:00 / start 18:00
6月11日(土) 沖縄Output  open 17:30 / start 18:00
6月12日(日) 沖縄Output  open 17:30 / start 18:00
チケット料金:¥3,500(+税)
※5/3~5/8公演はScoobie DoとのWヘッドライナー

◆【短期連載】佐々木亮介 (a flood of circle)のTHE BLUE TOUR DIARY 特集ページへ
◆a flood of circle オフィシャルサイト
◆青 オフィシャルYouTubeチャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス