ビースティ・ボーイズ、創設メンバーが死去

ツイート

ビースティ・ボーイズが80年代初め、まだハードコア・パンク・バンドだったころのギタリストだったジョン・ベリーが木曜日(5月19日)、亡くなった。まだ50代初めだった。前頭葉型認知症を患っていたという。

◆ジョン・ベリー画像

アダム・ヤウクとマイケル・ダイアモンドは1981年、ベリー、ケイト・シュレンバックとビースティ・ボーイズを結成。ミスフィッツやデッド・ケネディーズらのオープニング・アクトを務めたと言われている。

ベリーは1982年にリリースしたEP『Polly Wog Stew』のレコーディングに参加したが、同年、バンドを脱退。その後、Even Worth、Big Fat Loveなどのバンドで音楽活動を続けていた。

一方、ベリーの代わりにアダム・ホロヴィッツが加入し、シュレンバックが脱退したビースティ・ボーイズは、ヒップホップ・トラック「Cooky Puss」を足掛かりに、Def Jamと契約を交わし、デビュー・アルバム『Licensed To Ill』(1986年)が大ヒットした。

ビースティ・ボーイズは、2012年にロックの殿堂入りしたとき、そのスピーチで元メンバーとしてベリーの名を挙げていた。

合掌。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス