アプガ、2年連続ホノルル駅伝完走。「武道館を背負って走りました!」

ツイート


アップアップガールズ(仮)が5月22日(現地時間)にアメリカ・ハワイのオアフ島で開催されたイベント<ホノルル駅伝&音楽フェス2016>に2年連続で出場し、軽快な走りで今年も見事完走を果たした。オフィシャルからのレポートをお届けしよう。

◆アップアップガールズ(仮)<ホノルル駅伝&音楽フェス2016> 画像

今回は仙石みなみ、佐保明梨、関根梓、新井愛瞳による「Teamrunning alien」と、佐藤綾乃、古川小夏、森咲樹による「チーム参四五」という組み合わせで駅伝に参加したアプガ。6人1組とするルールの中、あえて過酷な道を選ぶ彼女たちは昨年と同様に7人のメンバーを3人、4人の2チームに分けて関根と新井以外のメンバーは2区間を担当し、総計42kmの距離に挑んだ。また今年の11月8日に東京・日本武道館で初の単独公演を開催することが決定している7人は、トレードマークの(仮)Tシャツに「武道館公演開催決定」という一文を大きく明記してアピールしつつ、“武道館アーティスト”というプレッシャーを背負いながら走った。

開幕前に仙石は「今回は的場浩司さんのチームやよしもとの芸人さんのチームなど、著名人の皆さんのチームが何組か出演されているんですけど、体力面では負けていないと思うので食らいついていきたい。去年よりアップアップで絶対に完走します!」と力強い意気込みを語った。また関根は「去年は緊張してたんですけど、今回は楽しみでしかない。プレッシャーはないです! 自己ベストが更新できるようにがんばります!」とコメント。対して古川は「緊張してます。前日の夜にちょっと体調崩しちゃったんですけど起きたらだいぶ回復してたのでなんとか安心ですね。ハワイの絶景を楽しみながら走りたいです!」と笑顔を見せた。


駅伝は日の出前の午前5時半にスタート。一斉にランナーが走り出す中、第1走者の森と新井は笑顔のまま歩を進めて2区の中継地点を目指す。走ることが苦手という新井は自分のペースでゆっくりと確実に進み、対して森は長身を生かした広めのストライドでペースを徐々に上げていく。およそ30分ほどで5.3Kmを走破した森は第2走者の古川へタスキを渡した。

遅れることおよそ8分後に新井も2区へ到着。フラフラな状態の新井からタスキを受け取ったのは、昨年2区、3区を連続で走り抜いたアプガが誇る“アグレッシブクイーン”佐保。最長区間9kmの距離をものともせずに佐保は、先に飛び出した古川を抜いて3区に登場する。そのままのスピードを保ちながら佐保は、昨年と同様に連続で3区に攻め込み、多くのランナーを苦しめる6.2kmの上り坂の難所へ突入。古川からタスキを受け取った佐藤も飛び出し、駅伝は中盤戦へ。



佐保は2区、3区を素晴らしいスピードを保ったまま走り抜き4区に姿を見せ、“アプガのスピードスター”こと仙石へバトンタッチ。唯一の陸上経験者である彼女は佐保からタスキを受け取るや否や、小柄な体躯からは想像できないほどのパワフルな走りであっという間に彼方へと消えていく。

対して「Teamrunning alien」になんとか追いつきたい「チーム参四五」は、2区を走り終えたばかりの古川を投入する。仙石は途中の道程で強風に悩まされ帽子を飛ばされてしまうというハプニングはあったものの、その快走は止まらずに後方チームとの差を広げていく。



終盤5区で仙石からタスキを渡されたのは走ることが苦手な関根。しかも2区の折り返しコースのため最長の9.1kmの長距離に挑むことになった彼女は、もう1つの困難である容赦なく照り付ける太陽に悩まされた。前日のファンミーティングで「太陽に勝つ」ことを目標に挙げた関根だったが、降り注ぐ日差しが予想以上に彼女の体力を奪っていく。しかし関根はアプガとしてノンストップライブなどの幾多の困難を乗り越えてきた意地を見せつけ、苦しみながらも表情は笑顔のまま6区に姿を見せる。「チーム参四五」も負けじと、1区で会心の走りを見せた森が怒涛の追い上げで差を縮め、関根から仙石へ、森から佐藤へとアンカーにタスキが渡り、いよいよ駅伝は最終戦へ。



6.3kmの道のりを経て、最初にゴール地点のカピオラニ公園に姿を表したのは仙石。彼女はチームメイトの3人と共にゴールゲートをくぐり4時間6分10秒という記録をたたき出してレースを終えた。そして「Teamrunning alien」に遅れること16分後、疲弊しきった表情で佐藤がゴール付近に到着し、最後はアプガのメンバー全員で佐藤を迎え入れて7人でゴールゲートを超えた。なお「チーム参四五」は4時間22分28秒という結果に終わった。


その後、およそ1時間の休憩を経てアプガは、ゴール地点のカピオラニ公園内の特設ステージにて、同じくゲストランナーとして出場していたBrand New Vibeとともにフリーライブを開催。アプガはファンツアーで参加していたアプガファミリーからの熱い声援を受けながら「アッパーレー」「パーリーピーポーエイリアン」「アッパーカット!」「チョッパー☆チョッパー」「サマービーム!」のキラーチューン5曲を晴天の青空のもと熱唱した中でも「パーリーピーポーエイリアン」では歌唱中の佐保明梨がステージを降り、会場中の至る所に手書きの武道館公演のチラシを配布、ステージ上では武道館公演決定とデカデカと書かれた特大横断幕を出す等、集まった大勢の観客を音楽でも楽しませた。

<ホノルル駅伝&音楽フェス2016>アップアップガールズ(仮) ランタイム

Team参四五 05:30:00
1区:森咲樹 30:36
2区:古川小夏 58:46
3区:佐藤綾乃 36:03
4区:古川小夏 41:21
5区:森咲樹 57:03
6区:佐藤綾乃 48:39
トータルタイム:4時間22分28秒

Teamrunning alien
1区:新井愛瞳 38:06
2区:佐保明梨 48:56
3区:佐保明梨 34:34
4区:仙石みなみ 29:03
5区:関根梓 64:35
6区:仙石みなみ 33:56
トータルタイム:4時間6分10秒

アップアップガールズ (仮)ライブ情報

<アップアップガールズ(仮)武道館単独公演>
2016年11月8日(火)

<アップアップガールズ(仮)Zeppツアー “The Seven PARTY LIVE Alien”>
6月12日(日)Zepp Sapporo 17:00/17:30
6月25日(土)Zepp Namba 17:00/17:30
6月26日(日)Zepp Nagoya 18:00/18:30
7月3日(日)Zepp DiverCity(Tokyo)18:30/19:00

<アップアップガールズ(仮)ライブハウスツアー2016 “The Seven LIVE Alien”>
6月18日(土)長野CLUB JUNKBOX 13:30/14:00 18:00/18:30
6月19日(日)高崎club FLEEZ 13:00/13:30 17:30/18:00

<アップアップガールズ(仮)主催対バンイベント>
6月3日下北沢GARDEN18:30/19:00
Good Vibrations ジャイアンナイト vol.1 アップアップガールズ(仮)vs. DJダイノジ

<YOSAKOIソーラン祭り応援アイドル>
2016年第25回YOSAKOIソーラン祭り 6月8日(水)~12日(日)開催
公式サイト:http://www.yosakoi-soran.jp/news/view/850

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報