【インタビュー】佐々木李子「自分の弱いところを認めて次に向かって進んでいくというのがすごく大事」

ツイート

NHK東北復興アニメ『想いのかけら』のみちる役や、アニメ『美少女遊戯ユニット クレーンゲール』の響子役の声優としても活動中の佐々木李子が、6月22日にシンガーとしてデビューを果たす。デビュー作は「カサブタ/想いのかけら/ドリームクライマー」のトリプルA面。小学校5年生でミュージカル「アニー」の主役を勝ち取り、音楽科のある高校で声楽を専攻していたという音楽的ポテンシャルが遺憾なく発揮されている。期待のニューカマーの登場だ。

◆佐々木李子~画像&映像~

■歌うというよりも心で叫んでいるという感じを表現したくて
■同じ歌詞が繰り返されるサビは全部違う歌い方で歌いました


――NHK東北復興アニメ『想いのかけら』のみちる役や、アニメ『美少女遊戯ユニット クレーンゲール』の響子役など、声優としての活動もしていますが、いよいよシンガーとしてもデビューですね。しかも、トリプルA面シングルということで。1曲目の「カサブタ」は、アニメで演じている役柄とは対照的なカッコイイ楽曲ですね。

佐々木李子(以下、佐々木):そうですね。すごくロックテイストに仕上がった1曲なんですが、ロック感だけでなく、切ない歌詞やメロディも聴いてほしいです。私自身もロックが好きなので、ロックを歌うことも多かったんですけど、それだけじゃないこの曲の良さを大事にして歌いました。(聴いてくれる方々に)歌詞をちゃんと伝えたいと思ったので、レコーディング前にノートに歌詞を全部書き出して、自分なりに「ここはこういう気持ちで歌おう」とか、しっかり考えてから歌いました。

――歌詞を書き出したほうが気持ちを込められる?

佐々木:はい。必ず手書きをします。その方が言葉も頭に入ってくるし、ストーリーや曲の流れも体に染み込んでくるんです。「カサブタ」の場合は、心の傷とか不安、自分との葛藤……ちょっとダークな感情がすごく詰まっている曲なんです。だから、歌うというよりも、心で叫んでいるという感じを表現したくて。でも、ただ叫ぶだけじゃダメだと思うんです。それにはサビがすごく大事で。同じ歌詞が繰り返されるサビは全部違う歌い方をしました。


▲「カサブタ / 想いのかけら / ドリームクライマー」【初回限定盤(CD+DVD)】


▲「カサブタ / 想いのかけら / ドリームクライマー」【通常盤(CDのみ)】


▲「カサブタ / 想いのかけら / ドリームクライマー」【アニメ盤(CDのみ)】

――共感する部分もありました?

佐々木:ありました。私自身、音楽の勉強をはじめた高校時代も、一人で悩んでいることが多かったんです。人に相談したり、甘えたりするのが苦手で。だから、歌詞の冒頭にもあるように、「欲しくない」「寂しくもない」って強がって、心を閉ざしてしまうっていうのは自分にも当てはまるので、そういう時期の自分を思い出して歌いました。「カサブタ」って、傷は塞がってるんだけど、剥がしたらまだ血が出てきてしまう状態がありますよね。きっと、誰にでもそういう、そっと心にしまってるけど、思い出したらまだ痛んでしまう傷ってあると思うんですよ。そういう人たちに共感してもらえたらいいですね。

――続いての「想いのかけら」は一転してバラードです。「カサブタ」のあとにこの曲があることで、佐々木さんの表現力の幅を感じさせます。「カサブタ」では激しい部分を見せてくれたけど、「想いのかけら」はすごく優しく柔らかな楽曲ですよね。

佐々木:「想いのかけら」は、前向きでポジティヴな歌詞がいいなぁと思ったので、この曲を聴いた人みんなに、元気とか希望を感じてもらえるように力強く歌いました。歌っている自分も元気になれる曲で、すごく歌いやすかったです。

――佐々木さんが声優としても出演した、曲と同じタイトルの東北復興アニメ『想いのかけら』のエンディング主題歌でもあるんですよね。佐々木さん自身が東北出身だから、想いも込めやすかった?

佐々木:はい。特にサビの前の「その一歩を踏み出した」「なくした自分を憂うより、自分の弱さも愛する」とか。私も弱いところはあるけど、でもそれは悪いことじゃなく、それを認めて、また次に向かって進んでいくというのがすごく大事だと思うので。だから、このサビ前の部分が好きなんです。この曲は、ちょっと前からNHKで流れていたので、友達からも「すごくいい曲だから、早くCDになればいいな」ってメールをもらっていたんですよ。だから、このシングルにこうして収録されて良かったです。

――「カサブタ」と「想いのかけら」はミュージックビデオも撮影していますが、まったく違うイメージですね。

佐々木:「カサブタ」は、雨に打たれる演出もありますし、自分が思うがままに動いて、カメラを睨んだり、曲と自分の世界に入り込んでいます。色で例えると黒とか赤とか強い色。逆に「想いのかけら」は、白とか柔らかいイメージ。「カサブタ」のメイキング映像も入っているので私の素顔が見られると思います。

――3曲目「ドリームクライマー」は、響子役で出演しているアニメ「美少女遊戯ユニット クレーンゲール」のオープニングテーマですね。この曲もすごく前向き。曲調はまた変わりますけど。

佐々木:そうなんです。この3曲は(雰囲気が)全部違っていて、歌い方も自然に変えています。「カサブタ」は自分の中での葛藤だから、心の叫びという感じ。「想いのかけら」はのびのびとみんなの心にストレートに届くように。「ドリームクライマー」はオープニングテーマなので、疾走感のあるワクワクするような感じで歌っています。声も今までとは違うかも。「美少女遊戯ユニット クレーンゲール」のオンエアでこの曲を聴いた友達も、「李子の声じゃないみたい」って言う子が多くて。

――トーンが違いますよね。

佐々木:自然にこの声を出してたんですよ。テンションを上げながら歌っています。この曲も「想いのかけら」のように聴いていて元気になれる曲だと思うんです。「イエスかノーか決められないことばかりでも、やりたいことがやれたら転んでもいい!」っていうのは、まさに今自分が思っていることなんです。そういう、今、自分が思っているようなことが歌詞の中にたくさん出てきます。だから、この曲を聴いて、みんなにも前に進んで行ってもらえたらいいなと思います。

――アニメの主題歌というのは意識しました?

佐々木:そうですね。だから、最初はどう唄っていいかわからなかったんです。今まで自分が好んできた曲って「カサブタ」のようなロックなので、声もカッコイイ歌声を意識していたんです。だから、「ドリームクライマー」を最初に録音した時は、CDに収録されたような感じじゃなく、ロックテイストの濃い歌声でした。でも、違う歌い方で歌ってみたいと思って、楽しんでやってみたら、この曲にすごく馴染んで、自分でもその歌い方がしっくりきました。アニメのオープニングにふさわしい歌声になったなぁと思うんですが、こういう歌声は「ドリームクライマー」で初めて知ることができたと思います。

――試行錯誤もありましたか?

佐々木:はい。この歌声になるまでに何回も歌ってみました。主題歌って責任重大なんです。だからレコーディングも緊張しました。自分が響子役で出演させていただいているというのもありますが、アニメがこの曲から始まるわけですからね。だから絶対にいい曲にしたかったし。すごく気合いが入っています。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス