元ふぇのたすMICOのソロSHE IS SUMMER、8月初音源発表「人生で初のEPです」

ツイート

元“ふぇのたす”MICOのソロプロジェクト“SHE IS SUMMER”が8月3日、初EP「ラブリー・フラストレーションEP」をリリースすることが発表となった。

◆SHE IS SUMMER 画像

これは先ごろ開催された<やついフェス>のステージにて発表されたものだ。MICOのキュートなヴォーカルとキャラクターを打ち出す個性豊かな作家陣には、高橋海 (LUCKY TAPES)、角舘健悟 (Yogee New Waves) といった同世代バンドシーン注目の2人が参加する。

また、海外からはUSのPOP職人“LINUS OF HOLLYWOOD”、元“ふぇのたす”の盟友ヤマモトショウが共作で作詞を担当するほか、サウンドプロデューサーには江口亮(Stereo Fabrication of Youth / la la larks.)、ゲストミュージシャンとしてSaku、ジャズバンド“カルメラ”のメンバーも参加しているとのことだ。

以下に、SHE IS SUMMERをはじめ、高橋海や角舘健悟から到着したコメントをお届けしたい。



   ◆   ◆   ◆

「恋にいつも付き纏うフラストレーション。それは、どんどん好きな気持ちを確認してしまったり、フラストレーションを感じることも愛おしく思えたり、普段マイナスだと思ってしまいがちな感情だけど、実は愛すべき感情なのかもしれない…。そんな私の気持ちを詰め込んだ愛しいE.P.が出来ました。出会いに導かれて、沢山の方に協力して頂き、自らも作詞に参加してリリースする人生で初のE.P.です。誰かの考えもしなかった発想や気持ちを引き出せるきっかけになれば嬉しいなぁと思っています!」──SHE IS SUMMER

「彼女の曲に対するイメージを120%で返してやろうという気持ちで制作に向かいました(笑)。「君に恋したせいですべてが狂ってしまったんだ!」という、みこちゃんに歌われたらキュン!としてしまうような歌詞とキャッチーで口ずさみたくなるようなサビメロがこの夏の代名詞になったら嬉しいです!」──高橋海 (LUCKY TAPES)

「朝がこないのはあなたのせい。」唐突ながらなんて無責任な歌詞だと思う。歌とは言葉にすれば拙く、メロディと表情を駆使して思いを伝えれることができる、そんなものだと思います。そんな生後2年ほどの哲学で書いた、僕の独り言を彼女はどんな顔でどんな目でお客さんに届けるのか楽しみでしょうがない」──角舘健悟 (Yogee New Waves)

   ◆   ◆   ◆

■1st EP「ラブリー・フラストレーション EP」

2016.8.3 RELEASE
SCR-001 ¥1.389(税抜)+税
1. 君のせい 作詞作曲:高橋海(LuckyTapes)
2. ナイトブルー 作詞:角舘健悟 (Yogee New Waves) 作曲:orange spotting
3. あなたに電話しない夜 作詞:MICO 作曲:Lynus of Hollywood
4. とびきりのおしゃれして別れ話を 作詞:MICO/山本奨 作曲:釣俊輔

◆SHE IS SUMMER オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報